元横綱千代の富士が人身事故!当て逃げか?

元横綱千代の富士(現:九重親方)が人身事故?被害者は?

7月2日午後に九重親方が車の接触事故を起こしました。サイドミラーを軽く歩行者にぶつけただけのようです。しかし、なぜこんなにも騒がれているのでしょうか?それは、この事故を起こした加害者がとある有名人だったからです。それは、横綱に上り詰めた過去を持つ

千代の富士

たったのです。今では引退して九重親方となっております。ところで九重親方とはどのような人なのでしょうか?

スポンサーリンク

九重親方(千代の富士)

九重親方(千代の富士)は1970年に初土俵を踏み、数々の快挙を成し遂げて横綱にまで上り詰めた凄いお相撲さんです。しかし、選手生命の晩年は怪我に見舞われることも多かったようです。1991年に現役を引退してからは九重部屋を引き継ぎますが、弟弟子の反逆などもあったようです。そんなこともあって、色々と苦労されているようです。九重部屋を継いでいるので、千代の富士は九重親方と今は呼ばれています。その九重親方が今回怪我をするのではなく、怪我を相手にさせてしまいました。

車での人身事故?被害者は?

今回の人身事故は7月2日の土曜日に起こりました。車に乗っていた九重親方が路肩を歩いていた40代男性を追い抜こうとした際に、あやまってサイドミラーをぶつけてしまったようです。その結果、歩行者は軽い打撲を負いました。事件の起こった時間は8時前と日がややある時間ですので、暗くて見えなかったということもないでしょう。おそらくは九重親方のハンドルミスが原因でしょう。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*