京都・山科のお祭りまとめ!

意外にも祭りの多い山科

京都市の中でも三条などの街の方から一つ小さな山を越えた位置にある山科。意外にも面白いお祭りがあることをご存知でしょうか?中でも4つの山科で開催されるお祭りをご紹介いたします。もし、機会があれば行かれてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

山科義士まつり

  • 開催時期:毎年12月14日
  • 開催場所:毘沙門堂から大石神社まで
  • 大人におすすめ

山科の地を義士が練り歩く!山科版時代まつり

この山科義士祭りは大石内蔵助が隠れた地であったことや、義士に関する歴史が多いことから行われるようになったお祭りです。京都のお祭りにしては歴史は浅く約40年程度です。12月14には山科駅近くの毘沙門堂から大石神社までのルートを義士に扮した方々が練り歩きます。大人だけでなく、子供も義士に扮して可愛い姿を見ることができます。

屋台に関しては、大石神社などでありますので、行列が来るのを待ちながら子供と一緒に楽しむことができそうです。しかし、境内での「ポケモンGO」と「歩きスマホ」は厳禁ですのでご注意を!

清水焼の郷まつり

  • 開催時期:毎年10月中旬
  • 開催場所:清水焼団地
  • 陶器好きの方におすすめ

京都の伝統工芸品を味わえる!

渋いお祭りです。(笑)京都の百々小学校の区域で開催されるお祭りです。地域一帯がテントを出して、店先に陶器を山積みにしてお客さんをお待ちしています。安いものが多く、陶器が好きな方はただぶらぶらするだけで楽しめるのではないでしょうか?

ただ買うだけではなく、実際に作成を体験することもできます。子供の夏休みの自由研究にももってこいかもしれません。陶器のお祭りですので、子供は基本的に楽しくはないでしょう。一応屋台も出ているのですが、小さな公園に詰められて屋台が出ています。地元の子供たちがここに集まって楽しむことが多いです。

四宮祭り

  • 開催時期:毎年8月22日~23日
  • 開催場所:山科駅近辺
  • 中学生や高校生におすすめ

山科の中高生に人気のお祭り!

この日には旧三条通の道にずらっと夜店が立ち並びます。浴衣を着た地元の中高生がたくさんあふれますし、ほかにも地元の方々がたくさんいらっしゃいます。夏のお祭りらしいお祭りです。

といっても、四宮祭りは一応六地蔵めぐりという500年以上も続く伝統行事の一環です。しかし、四宮祭りに遊びに来る方々は興味もないことでしょう。(笑)

阿含の星まつり

  • 開催時期:毎年2月11日
  • 開催場所:京都市山科区北花山
  • 大人も子供も楽しめるお祭り

600人の山伏行列や10mを超える火柱

一応は阿含宗という宗教のお祭りですが、お祭りに来る方々はそんなことは気にしなくても問題ありません!このお祭りは特に大護摩壇に松明で火を点火して10mに達する火柱が有名です。他にも山伏が阿含宗の儀式で斧を振るうものなどがあり、一日中楽しめると思います。

火柱は大人も子供も楽しめると思いますが、山伏の行列などは子供が見ても飽きてしまうかもしれません。こどもが飽きれば山科駅まで行ってカフェでもするのがいいでしょう。(笑)

まとめ

今回さらっとご紹介させていただいたお祭りですが、まだまだほんの一部です。京都には地蔵盆という行事もあり、各地域で小さなお祭りがたくさんあります。

もし、京都の地元の雰囲気を味わいたいという方は地蔵盆を見に行ってみるのもいいかもしれませんが、基本的には地域の人が集まって飲んでいるだけというのが多いと思いますので、閉じ切っていることが多いです。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*