アジア競技大会を名古屋市が開催断念!そもそも何それ?

アジア競技大会の名古屋開催決定が正式決定されました。そのことについてはこちら。
(追記2016年9月25日)

2026年のアジア競技大会の開催を目指していた名古屋市は愛知県との共催を断念しました。河村たかし名古屋市長は、「断腸の思いで立候補を取り下げることを決断いたしました。」と記者の前で発言し、立候補を取り下げる意向のようです。

しかし、完全にあきらめたわけではなく愛知県からしっかりとした市民へ説明できる提案があれば、まだ検討する余地があるとしています。

ところで、「アジア競技大会」ってみなさんご存知でしょうか?ほとんどの方が、なんだそれ?という状態だと思いますので、すこしまとめタイと思います。

スポンサーリンク

アジア競技大会とは?

アジア競技大会とは、アジアオリンピック評議会(OCA)が主催するアジア版オリンピックです!ブラジルのリオであったオリンピックのように夏季と冬季があります。

日本でも開催されており、1986年には札幌で冬季アジア競技大会が開催されており、

なんと!!!

来年2017年には札幌で冬季アジア競技大会が開催されます。競技種目は下記5種目です。

  • スキー
  • スケート
  • バイアスロン
  • アイスホッケー
  • カーリング

約10日間にわたって熱戦が繰り広げられる予定です!

アジア競技大会の歴史

アジア競技大会はいつごろ始まったのでしょうか?近代オリンピックは1896年に始まっています。古代オリンピックから数えれば数千年以上前からあった競技となります。ではアジア競技大会はどうでしょうか?

アジア競技大会は1950年に始まりました。時代は第2次世界大戦が終わり、日本が敗戦国となって間もないころです。中国やフィリピン、インドなど6カ国が会議をしてアジアの競技大会を作ることを決定したそうです。

そして、アジア競技連盟が作られ、アジア競技大会が開かれ今日まで至っているようです。以下がJOCのホームページ上のアジア競技大会の説明です。

第2次世界大戦後初のオリンピックは、48年7月、イギリスのロンドンで開催された。この大会に日本は招待されなかったが、アジアから参加したインド、フィリピン、朝鮮、中華民国(現在のチャイニーズタイペイ)、セイロン(現在のスリランカ)、ビルマ(現在のミャンマー)の6ヵ国の代表が一堂に会し、4年に一度、アジアの総合競技大会を開くことで意見の一致をみた。

第1回アジア競技大会はインドで開催され、競技種目は「陸上」「水泳」「サッカー」「バスケットボール」「ウエイトリフティング」「自転車」でした。

アジア競技大会の変わった種目

オリンピックと比べられるアジア競技大会ですが、オリンピックにはないアジアらしい競技があります。少しご紹介します。

  • カバディ
  • 皆さん一度はお聞きになったことがあるのではないでしょうか?実はカバディは、獣のひとつの狩猟方法が発展してスポーツになった競技です。私もこれは知りませんでした。紀元前からある歴史のあるスポーツで、インドなどでは国技として親しまれているようです。

    ルールは「カバディ」と連呼している間に相手にタッチして戻ってこれれば、タッチした相手の分だけポイントが入って、ポイントが多い方が勝ちというルールです。色々とはしょっているので、しっかりとしたルールを知りたい方はググってください。

  • セパタクロー
  • これも名前は聞いたことがあるけれども、どんな種目かご存じない方もいるかもしれません。簡単に言えば、「足をつかうバレー」です。バレーのように2チームがネットで仕切られたコートに分かれて、足でボールを相手陣地に叩き込んでポイントを稼ぎます。

    歴史は古く1000年以上前からプレーされているようです。ちなみにマレーシアではセパタクローが国技として親しまれているようです。

まとめ

アジア競技大会とは、アジア版のオリンピック!第2次世界大戦以降に本格的に開催されるようになり、今では夏季と冬季の大会がある。

2017年には札幌で陶器アジア競技大会が開催されることになっている。種目は5種目あり、「スキー」「スケート」「バイアスロン」「アイスホッケー」「カーリング」が行われる。

オリンピックと違う特色として、アジアらしい競技があり、「カバディ」や「セパタクロー」が競技として正式採用されている。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*