漫画村が見れない時の漫画の続きを見る方法!無料と格安の2種類有り!

漫画タウン

漫画村が閉鎖されて漫画の続きが見れなくて困っている人はいませんか?

漫画村は漫画タウンとサイト名を変えたりして、どうにかして漫画を無料で公開できるように抵抗しています。

漫画村で途中まで読んでいた漫画の続きを読みたいという人に向けて、無料や格安で漫画の続きを読める方法をご説明します。

もちろんみなさんご存じだと思いますが、漫画村は法に...。

漫画村が見れない!漫画タウンが見れない!漫画が無料で格安で読みたい!そんな人に向けて漫画を読む方法をこれから紹介していきます。

漫画を無料で読める状態にすることは賛否両論ありますが、漫画を電子化して不特定多数に著作権者の了解なく公開することは...。

※当記事は違法サイトを推奨するものではありません。むしろ逆の立場です。

スポンサーリンク

漫画村をみる方法と漫画村が見れない原因

漫画村が現在見れないことは漫画村利用者だった人には周知の事実だと思います。

漫画村にアクセスしようとするとこのような画面が表示されて見れません。

→漫画村

漫画タウン

無理矢理漫画村のサイトを見る方法は2つだけ残っていますが、現実的ではありません。

  • 無理矢理何度も接続すること
  • 漫画村が復活させた漫画タウンを見る

無理矢理何度も接続すること

1つ目はパソコンであればF5キーを押すこと。

スマホであれば何度も左上の矢印がついた〇のマークを押すこと。

何度か繰り返せばサイトのトップページにたどり着くことができます。

これは漫画村のサーバにデータ(キャッシュと言います)が残っていてサイトが表示されるためです。

残念ながらトップページは表示できるのですが、そこから漫画をクリックしても漫画を読むことはできません。

漫画村が復活させた漫画タウンを見る

漫画村の運営者が運営しているツイッターで、漫画村の代わりになる漫画タウンというサイトが公開されています。

めちゃくちゃ喧嘩うってます(笑)

漫画村の運営者が新しく解説した漫画タウンを見るには以下のリンクからとんでいくことができます。

→漫画タウン

しかし、このサイトが対策をされるのも時間の問題でしょう。

漫画タウンが見れないという人は以下を参考にしてください。

漫画タウンを見る方法と漫画タウンが見れない原因

漫画村が新しく開設したサイト「漫画タウン」。

以前から予想されていたように漫画村運営者と対策がいたちごっこになっています。

漫画村が閉鎖されて、漫画タウンを見ようとした人も多いはず。

その漫画タウンも見れないということが起きています。

その原因や見る方法などを調べてみました。

漫画タウンが見れない原因

2018年4月14日に漫画タウンにアクセスすると漫画村と同様にトップページは見れるのですが、漫画にはアクセスができません。

→漫画タウン

おそらく以下のどちらかの画像が表示される人が多いのではないでしょうか?

漫画タウン

漫画タウン

error 524はサイトの負荷が高い時に表示されることがあります。

おそらく漫画タウンのサイトに漫画村ユーザが多くアクセスしたことにより漫画タウンのサイトがパンクしていることが見れない原因でしょう。

漫画タウン運営者は漫画村と同様にサーバを増強させるでしょうから、今後漫画村と同じようにサイトが見やすくなると予想します。

もちろん出版社や国から対策がされなければの話です。

漫画タウンを見る方法

漫画タウンを見る方法を知りたい人は多いと思います。

その方法を考えられるだけ書いてみます。

      何度もアクセスする

    error524が表示されている原因はおそらく、サイトへアクセスする人が多すぎることが問題です。

    だから、何度もアクセスを試みれば1度はつながる可能性があります。

      漫画タウンが復活することを待つ

    漫画村運営者が新しく作ったサイトが漫画タウンです。

    漫画村運営者は出版社に対して喧嘩をうっていくスタイルなので、今後漫画タウンを漫画村のようにするでしょう。

    だから、漫画タウンが漫画村のようにスムーズに読めるようになるまで待つということが一つの方法です。

以上の2つが漫画タウンを見る方法ですが、これ以外にすぐに漫画の最新話を見る方法がありますのでご紹介します。

漫画を無料や格安で見る方法

前置きしますが、すべての漫画と全ての話が無料で見れるわけではありません。

一部の漫画だけになりますが、無料で見る方法があります。

しかも漫画村よりも高画質で見ることができます。

その方法は2つあります。

週刊誌や月刊誌の立ち読み

いやいや最初から見たいんだけど、最新話までまだ読んでないんだけどと思った人も多いと思います。

しかし、週刊誌や月刊誌の最新話まで追いつく方法があるので、それを利用すれば、これからは立ち読みをするだけで漫画村や漫画タウンを利用しなくても好きな漫画が読めます。

最新話まで漫画を無料や格安で読む方法が3つあります。
それは以下3つです。

  1. 無料:ブックオフなどの中古書店で立ち読み
  2. 格安:ツタヤやゲオでの漫画レンタル
  3. 無料:公式サイトを見ること

無料:ブックオフなどの中古書店で立ち読み

これが一番簡単ですぐに漫画を無料で読める方法です。

立って読まないといけないことは面倒ですが、ほぼ1巻〜最新刊までを読むことができます。

最寄りの店舗を探して行ってみて下さい。

→ブックオフ店舗検索

家から出ないと行けないというのは面倒ですが、漫画村や漫画タウンと同様に無料で漫画を読むことができます。

格安:ツタヤやゲオでの漫画レンタル

私はこの方法がおすすめです。

別にこの方法を紹介したからといって、私には1円も入りませんのでご安心ください。

私はよくこのレンタルを利用します。

→ゲオ店舗検索

→ツタヤ店舗検索

小学生や中学生にとってはこの方法は辛いかもしれません。

しかし、高校生や大学生、社会人にとってはこの方法が最適。

漫画レンタルは漫画村に比べれば圧倒的に高い。

ただ20巻借りても1000円程度です。

安くありませんか?

20巻を立ち読みしたら無料ですけど、1巻20分として約7時間も立ちっぱなしになる必要があります。

レンタルにすれば1000円かかりますが、ポテチ食いながらコーラ飲みながら1週間かけて漫画をゆっくり読むことができます。

立ち読みと違って、また読みたいシーンをもう一度読み返すこともできます。

漫画の電子化レンタルが進んでいますが、やっぱり漫画は紙で読んだ方が面白い!

無料:公式サイトを見ること

は?と思った人が多いかもしれませんが、実は無料で最新話を公開している漫画があります。

人気作で言えば、『メイドインアビス』は公式サイトで最新話が配信されています。

これは漫画として出版されるよりも早く最新話が公開されるので、漫画村や漫画タウンよりも早く最新話を読むことができます。

→メイドインアビス

しかし、これには欠点があります。

全ての漫画が無料で最新話を公開されているわけではありませんし、最初の数話から最新数話までを見ることができません。

漫画村の代わりに無料で漫画を読めるサイト

漫画村のように大規模で無料で漫画を公開しているサイトはありません。

漫画村が手を変え品を変えサイトを継続させようとしています。

漫画村が名前を変えて復活することを待つことでまた無料で漫画を読むことができるようになるのかもしれません。

→漫画タウン

しかし、その可能性は薄いです。

国が動いているので、流石に漫画村と言えども抵抗はできないでしょう。

私は漫画村が100%悪いとは思いません。

漫画村がツイッターで言っていることも一理はあると思っています。

漫画が無料で読めるということはブックオフなどの中古書店と同じなので非難することができません。

しかし、電子化についてはデリケートな部分があり、著作物の複製権や公衆送信権を漫画村が侵害しているのではないかと思います。

→電子化の公開について

私は裁判官ではないので判決を下す身分ではありませんが、流石に漫画村は少数の人数への公開を著しく逸脱しています。

漫画を電子化して家族で見るレベルであれば犯罪には当たらないようです。

しかし、漫画村は明らかに家族レベルを超えています。

何百万人の家族って、一夫多妻制の国でさえ無理ですよ。

漫画村は違法だと思います。

しかし、それを許したのは出版業界です。

漫画村の主張として、立ち読み~~と言っています。

それと電子データの無料公開は別です。

ですが、もしも出版社がAmazonのkindle unlimitedのようなサービスを提供していれば漫画村は無かったのではと思ってしまいます。

漫画村PROという有料サービスが提供される予定があったのはご存知の方も多いはずです。

(流石に500円は安すぎます)

出版業界がこれに対抗して、月毎に10タイトルまで500円、30タイトルまで1000円などすれば良かったのではと思います。

私の感想ですが一度登録すると解約することは面倒。

(huluも今は見ていないのに解約が面倒で登録して毎月引き落としだけされています。)

それに毎月10タイトル読めるのであれば、暇な時に新しいタイトルを読んだりするし、面白いと思って好きになったら、買って集めたい。

出版社側も何か対策が必要だったことは事実だと思います。

とはいっても、漫画村や漫画タウンが著作権という権利に喧嘩を売っているというのはよろしくないですね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*