【2016年】新型Macbook pro/airの予想!価格やスペック!

Appleが2016年の現地時間で10月27日(木)の10:00からイベントを開くと正式発表をしました。

そのイベントの中で新型Macbook ProとMacbook Airの製品発表がされると噂されています。

2016年6月のAppleのイベントで何かしらの発表があるのではないかと言われていましたが、発表はされませんでした。

本記事では10月27日に発表されるであろう新型Macbookの情報をまとめ、価格を予想してみました。

発表されて判明した内容について反映させています。(2016/10/30追記)

スポンサーリンク

イベント概要

まず、現地時間で10月27日10時から開かれるAppleのイベントをまとめました。

すでに特設サイトがAppleのホームページに開設されています。

イベント名:hello again
開催日(現地時間):2016年10月27日(木)10:00~
開催日(日本時間):2016年10月28日(金)夜中の2:00~
イベント概要:公式未発表。おそらく新型Macbook Pro/Airの発表。
特設サイトはこちら
上記からAppleの製品発表のサイトまでいくことができます。

前回のAppleの同じような発表では、iPhone7の発表がありました。今回はMacbookの新製品発表だと予想されています。

そこで発表される(はず)の新型Macbookのスペックを予想してみました!

新型Macbook Pro/Airのスペック予想

今回発表されると噂されているのはMacbook ProとAirです。その二つのスペックや新機能を予想します。

新機能

タッチバーの搭載

タッチバーと言われてもよくわからないと思いますので、イメージ画像が下記です。
%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%90%e3%83%bc
(参照元:http://iphone-mania.jp/news-129109/)

キーボードの上部に表示されているものがタッチバーです。いわゆるiPhoneのようなタッチ画面です。このタッチバーを新しいユーザインターフェースとして搭載するようです。

タッチバーでできたら嬉しいこと

以下はあくまで私ができたら嬉しいと思うことで予想というより妄想です。(笑)

  1. 音楽や動画の操作
  2. この画像にもあるように音楽や動画の音量調整や再生、停止、スキップなどをこのタッチバーでできるとうれしいですね。

  3. アプリの起動
  4. タッチバーにあらかじめ登録したアプリをワンタッチで起動できるようになると、パソコン操作がすごい楽になります。コマンド操作に慣れていない人には便利な機能じゃないでしょうか?

    ショートカットキーを使えばいいじゃないかという意見もあるでしょうが、タッチバーに登録して使う方がより早く簡単に操作できるはずです。

  5. Safariのタブの切り替え
  6. Safariでタブを切り替えるのって意外と面倒じゃないですか?1つや2つであれば問題ないのですが、それが10個もページを開くとページ間の移動が面倒くさくなります。

    その時にこのタッチバーでタブを切り替えられれば、インターネットサーフィンがはかどるような気がします。

  7. ゲームへの活用
  8. 音ゲーなんかに有効活用できるんじゃないかと思います。

    キーボード操作よりもタッチ操作の方が簡単に操作できるので、ちょっとした休憩に音ゲーをタッチバーでやれればいいな。標準アプリで入れてくれてもいいのに。

Touch IDの搭載


いわゆる指紋認証機能です。指紋で携帯のロックを外したり、面倒くさいパスワードの入力を省略できるiPhoneに搭載されている機能です。

それが、Macbookに搭載されるのではないかと言われています。

これからは煩わしい起動後のパスワード入力が指紋一つで済むようになるかもしれません。

iPhoneの最近の進化で個人的に一番進化したなと思う機能です。

新カラーのMacbook

Macbookに遂にカラフルな新色がでると予想されています。

新色は今回発売はされず、以前から出ているシルバーとなりました。(2016/10/30追記)

今まではMacbook ProとAirにはAppleの大本命であるシルバーのタイプしかありませんでした。

MacbookではAir とProに先駆けて新色が投入されていました。

新色として、「グレー」と「ゴールド」がありました。

おそらくは同じ色がAirとProにもでるのでしょう。

加えて「ピンク」も出るのではないかと思います。証拠はAppleのイベントの画像です。妄想かもしれませんが、Appleマークの中に「ゴールド」と「ピンク」があるからです。

まぁ、ただの妄想でしょうけど。。。

Macbookといえば「シルバー」というイメージがあり、やっぱり「ゴールド」よりも「シルバー」の方がMacbookらしさがあります。

意外と「真っ黒」のMacbookを出すのも良いなーと思います。Macbookではないですが、Mac proが「真っ黒」です。

mac-pro
(参照元:https://ja.wikipedia.org/wiki/Mac_Pro)

VR対応

特に言及はされていませんが、グラフィック処理のスペックは上がりました。(2016/10/30追記)

VR対応といっても、Macbook Pro/Airの画面が3Dになるわけではありません。Oculas RiftやHTC ViveはかなりPCの画像処理のスペックが高い必要があります。

そのVR機器の要求性能を満たせるほどの画像処理スペックをMacbook pro(Airは?)では搭載すると予想されています。

Macbook Proスペック予想

CPU:Core i5-6000HQシリーズ、i7-6000HQシリーズ
メモリ:8GB以上
ディスプレイ:Retinaディスプレイ
画面サイズ:13インチ、15インチ
電源:約10時間駆動
Touch Bar搭載
Touch ID搭載
VR対応

Macbook Airスペック予想

CPU:Core i5-6000Uシリーズ、i7-6000Uシリーズ
メモリ:4GB以上
画面サイズ:13インチ、15インチ
電源:約10時間駆動
Touch Bar搭載
Touch ID搭載

価格予想

スペックを一通りまとめてみましたので、次に軽く価格を予想したいと思います。
※各Pro/Airで一番安いモデルを想定した場合の価格予想です。

Macbook Pro 13インチ

16万5千円

17万8千8百円

Macbook Air 13インチ

12万円

Macbook Airは発表されませんでした。(2016/10/30追記)

現在のモデル(2016年10月現在)の価格よりやや高くなると予想します。

理由は下記の2つです。

  1. SSDやメモリの価格低下
  2. 2016年の1月から見てもPCに搭載されるメモリの価格が安くなってきています。

    2015年から2016年にかけてメモリの価格が大幅に下がっており、半額近い値段に下がっています。

    このコストの削減でMacbook Pro/Airの価格は下がる予想です。

    ??????

    では、なぜ最終的に製品の価格はあがると予想したかは次の理由からです。

  3. 新機能追加によるコスト増加

今回新機能として、「Touch Bar」や「Touch ID」が追加される予想です。(あくまで追加される前提で予想します。)

今までの筐体と違い、

  1. 部品が増えて加工費が増加
  2. 部品の原価増加

になると予想されます。

加工費や部品点数の増加が重荷となって、SSDやメモリの価格低下分を追い越して結果的に、新型のMacbook Pro/Airは値上がりすると予想します。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*