シーチキン生産停止?はごろものシーチキンにゴキブリ混入

はごろもフーズのシーチキンにゴキブリが混入するという事件がありました。

実際に商品を購入した人が購入したスーパにクレームを入れ、そこからはごろもフーズが調査に乗り出し、生産過程でゴキブリが混入していたことを認めました。

はごろもフーズは、既に女性に謝罪をしているようです。

今後の対応について色々調べてみました。
製造場所に関してはこちら!

スポンサーリンク

ゴキブリ混入事件概要

はごろもフーズが販売しているおなじみのシーチキンにゴキブリが混入していたことが判明しました!

対象製品:シーチキンLフレーク
製造日:2014年12月
製造工場:非公表

なんと2年前に製造していたシーチキンの中にゴキブリが混入していました。

ものすごい数のシーチキンを毎日生産しているでしょうから、むしろ今までこのようなニュースがなかったことがすごいです。

いや、ないですね。。。

さすがに自分が買ったシーチキンにゴキブリが混入していたら発狂する自信があります.

わざわざお金を返せとは言いませんが、今後同社のシーチキンを買いたくないという人が多いでしょう。

まして、はごろもフーズという大企業の製品というところが非常に残念です。

赤カッコ内のところにゴキブリが混入していた模様です。

大きさからして、おそらくは「チャバネゴキブリ」ではないかと思います。(あくまで私の予想ですが)

%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%81%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b4%e3%82%ad%e3%83%96%e3%83%aa
(参照元:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20161027-00000063-nnn-soci)

はごろもフーズの今後の対応

ゴキブリの混入は仕方がないにしても、その後の対応が問題となっています。

NNNによると、以下2点の方針です。

  1. はごろもフーズは事実の公表を行わない
  2. 製品の自主回収は行わない

(参照元:http://www.news24.jp/articles/2016/10/27/07344862.html)

10月27日と28日にネットでの炎上騒ぎを受けて公式に発表をしました。(2016/11/1追記)

2016年10月27日19時現在でホームページを確認したところ、このゴキブリ混入事件に関するお知らせはありませんでした。

3年前のヒスタミンが基準値以上入っていたための、製品自主回収しか関連したお知らせはありませんでした。

1匹いれば30匹はいるゴキブリですから、ほかのシーチキンにも混ざっていないといわれても疑ってしまいます。

まして、看板商品の「シーチキンLフレーク」ですから。。。

ゴキブリ混入といえば、「ペヤング」の前例があり、シーチキンも生産停止にはならないのでしょうか?

シーチキンを生産停止するのか?

私の予想として、今回の問題で生産の停止まではいかないのではと思っています。すみません。予想を外しました。炎上した結果、該当のゴキブリシーチキンを生産した工場を休止とすると公式発表がありました。(2016/11/1追記)

約2年前のペヤング事件のときは、まるか食品側がペヤングを自主回収しただけにとどまらず、工場の生産停止をさせてしまいました。

その結果、ペヤングがスーパやコンビニから消えるという大事件にまで発展しました。

その後は廉価版の「ペヨング」で一気に息を吹き返してきました。一時期はペヨングがコンビニで山積みにされており、店員がバッタモンを間違えて買ったので、処分市をしているのかと思ったくらいでした。

しかし、ほかにもゴキブリの混入はあるのですが、生産停止まではなっていません。

過去に日清もゴキブリが混入していたとして製品を回収していますが、対象製品の生産停止は行っていません。

シーチキンの流通量やシェアから考えても、一消費者としてもはごろものツナ缶が買えなくなるのは厳しいです。

生産停止はなくても、これだけニュースに取り上げられてしまえば、製品の自主回収はあるかもしれませんね。

店頭からはごろものシーチキンがなくなる前にまとめ買いしておかないと。

なぜ公表しようとしなかったのか?

はごろもフーズはこの事件に関して公表しない方針のようですが、なぜ公表しない方針なのでしょうか?

これは、あくまで私の予想ですが会社の株価を心配したのではないでしょうか?

はごろもフーズは11月11日金曜日に第2四半期決算単短信発表を予定しています。

やはり大企業の決算短信の発表ともなれば、注目が集まります。

この中で自主回収をしてしまえば、今期の売上高は減る可能性が高くなると投資家が考えます。

また、投資家は業績の下方修正があるかもしれないと考えて株を売ってしまいます。

ただでさえ決算前で注目が集まっているのに、悪い方に注目が集まればはごろもフーズの株価はかなり下落する可能性があります。

あくまで私の一意見ですが、以上のような株価への影響を考えて、あまりことを大きくしたくなかったのではないでしょうか?

まとめ

はごろもフーズの「シーチキンLフレーク」にゴキブリが混入していたことが判明しました。

はごろもフーズはゴキブリが製造過程で混入したことを認めており、ゴキブリ入りシーチキンを購入した方には謝罪済みのようです。

問題にされているのは、その後の対応の方で、現在(2016.10.27)時点では、はごろもフーズからの公表や製品の自主回収は行わない方針です。

約3年前にヒスタミンが、はごろもフーズの基準値を上回るほど入っていたということで製品回収を行っていますが、今回はないのですね。

大企業のはごろもフーズなので、今は是正策が取られてゴキブリの混入などないと信じたいです。

念のため、ゴキブリの混入がもう無いことを発表でもしてくれれば少しは安心してシーチキンを買えるのですが。。。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*