東北で多数の流れ星(火球)が出現!もしかしてUFO!?

東日本、特に東北で10月31日にかけて多数の流れ星が見えたことで話題になっています。

今回観測されたものは一般的な流れ星のように一瞬で消えたものではなく、十数秒光って分裂して消えたようです。

また明るさも流れ星にしてはとても明るく、様々な憶測をよんでいます。

そこで、UFOなのか流れ星なのか検証してみました。

スポンサーリンク

概要

出現日時:2016年10月31日の早朝
出現場所:秋田や青森など特に東北地方

一部のニュースサイトでは下記のように伝えられています。

午前5時43分、東の空に光の固まりが見え始め、だんだん近づきながら横切り15秒ほどで西の空に消えた。途中、砕け散るかのように複数に分離、それぞれ青や緑の光を放つのが見えた。

(参照元:http://this.kiji.is/165784918377678326)

15秒も光って最終的には分裂して消えたとあります。また、など色も種類があったようです。これが秋田県で観察されたニュースです。

他にも青森でも同じ光が観察されました。

青森県上空に謎の光-。東北から関東地方にかけての東日本の空で、31日午前5時40分ごろ、緑色の明るい光が空を移動していた

(参照元:http://this.kiji.is/166016499596150262)

おそらく同じ光だと思います。どうやら関東の方でも観察ができたようです。

概要はこの通りです。それでは、この光の正体なのですが、UFOなのでしょうか?はたまた、ただの流れ星だったのでしょうか?

UFO?流れ星?

率直に申しますと、「流れ星」でした。OTL

皆さんがご存知の流れ星の中で、ひときわ明るく光る今回の様な流れ星を「火球」と言います。

今回は、その「火球」が正体でした。

分裂して光が消えたとあったので、UFOがどこかに落ちたのではないかと思ったのですが違いましたね。

国立天文台の方が、「火球」だったということを説明されています。

とはいっても、秋田では入道崎という有名なUFOスポットがあります。

今回火球が観測されたのが、特に東北方面ということでもしかすると、公には説明されていないだけでUFOだったということも。。。

まとめ

秋田や青森の上空で観察された今回の流れ星騒動。

十数秒も流れ星にしてはとても明るく光ったのちに、分裂して消えてしまいました。

UFOかと思われた方々も多いと思いますが、「火球」という、特に明るい流れ星でした。

分裂したのもUFOが地球圏に墜落したのではなく、隕石が分裂して燃え尽きてしまったようです。

UFO出なかったことは残念ですが、普通の流れ星ではなく火球を見れたということで、実際に観察できた人はラッキーでしたね。

私も実際に見たかったです。。。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*