T字路と丁字路正しいのは?ヒルナンデスで炎上騒ぎ

丁字路,T字路,ヒルナンデス

11月4日放送のヒルナンデスで出演者が一般の男性が言った「丁字路(ていじろ)」をネタにしたということでネットでは軽い炎上騒ぎになっています。

番組中ではおじさんが発言した「丁字路(ていじろ)」をその後もネタにしており、それを見た視聴者にとって、あまり良い反応にはとらえられていなかったようですね。

現在では一般的には「T字路(てぃーじろ)」と言いますから、少し引っかかってネタにしたのでしょう。

私も免許は持っているのですが、正直なところどちらが正しいのかあいまいなため調べてみました。

スポンサーリンク

「丁字路(ていじろ)」と「T字路(てぃーじろ)」はどちらも正しい?

まず結論から申しますと、現在では一般的に使う上ではどちらを使っても問題ありません。

元々は「丁字路(ていじろ)」という単語が使われていましたが、「丁(てい)」という漢字を「T(ティー)」と読む人が出てきた結果、「T字路(てぃーじろ)」と読むことが増えてきたようです。

この変遷に関しては、確実な証拠はありませんでした。学者の方が調べているのかなーと思いましたが、見つかりませんでした。

その結果、いまではどちらでも問題ないとされています。現に「大辞林」ではどちらも掲載されています。

てい じろ [3] 【丁字路】
丁字形に交わる道路。 T 字路。三つ辻(つじ)。

(参照元:http://www.weblio.jp/content/%E4%B8%81%E5%AD%97%E8%B7%AF)

さらに、神奈川県警の「金川警察署までの交通案内」でも「T字路(てぃーじろ)」が使われています。

取り締る警察側が「T字路(てぃーじろ)」を使っているのですから、十分に正しい表現なのでしょう。

(1) 東京方面から首都高速道路を利用する場合。

   →首都高速1号線の東神奈川ランプを降りる。
   →すぐに現れるT字路を右折。
   →すぐに現れる国道15号線の十字路を左折し国道に入る。
   →一つ目の信号「神奈川警察署前」をUターンする。
   →Uターン直後、左側に警察署の入口あり。

(参照元:https://www.police.pref.kanagawa.jp/ps/38ps/38mes/38mes005.htm)

探したところ、公式の論文でも「T字路(てぃーじろ)」のみでした。探せば見つかるのかもしれませんが、すぐにはありませんでした。

出演者の対応

今回のヒルナンデスでは、出演者のその対応が問題視されました。最近ははごろもフーズのように少し対応を間違えただけで問題になるので大変ですね。

出演者はおじさんの「丁字路(ていじろ)」発言後もネタにしていました。

動画はYoutubeで「丁字路(ていじろ)」と検索すると出てくるので見てみてください。

確かにこんなに何度も何度もネタにされると、道を教えてもらったにもかかわらず良い気はしませんね。

ネットでは「丁字路(ていじろ)を出演者たちが知らなかっただけなのに、おじさんがおかしいみたいに言われるのはおかしい!」と話題です。

しかし、出演者たちが本当に知らなくてネタにしていたのかは定かではありません。最近では丁字路(ていじろ)なんて使われませんし、

死語を使ったということでネタにしていたというつもりだったのかもしれません。

そうであれば、「チョベリバ」とか「ナウい」と言って笑うのも批判の対象になってしまいます。

私の考えですが、知っているけれども聞きなれない言葉という死語という意味でネタにしていたということであれば、この一連の騒動は問題はないと思います。

言葉の変遷

言葉はどんどん変化していくものなので、意味が変わってくるのは仕方がないですね。今回の様に、「丁(てい)」と「T(ティー)」のように現代風に言葉は変わっていく例はほかにもあると思います。

今回はたまたまテレビの出演者がはまってしまいましたが、最近の例でいえば「壁ドン」なんかも意味が変わって使われている例ですね。(読み方が変わっているとは違いますが)

最初は、「隣人に対しての断固たる意思表示手段」だったのが、リア充流の壁ドンに変わったりもしましたしね。

ことばの誤用には今後気を付けないといけないなと感じました。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*