日本工業大学のNADSとは?事件の動画や画像!twitterで新建築デザイン研究会が垢消し逃亡!

神宮外苑,火事

本日の夕方に明治神宮外苑で行われているイベントで火災が起きました。犠牲者として5歳の男の子が犠牲になりました。

出火原因について、最新情報はこちら!

東工大の風評被害についてはこちら!

twitterもあるようで、情報を調べてみたいと思います。

展示物を作ったのは日本工業大学の新建築デザイン研究会という団体だそうです。展示物を作ったのが誰なのかについてフォーカスしてみたいと思います。

スポンサーリンク

日本工業大学新建築デザイン研究会とは

今回火事が起きた展示物を作ったのは、日本工業大学の「新建築デザイン研究会NADS」の造った展示物です。

%e5%87%ba%e8%8d%b7%e5%89%8d

白熱電球の周りにおがくずを配したもので、このおがくずが出火原因になったのではないかと言われています。

この「新建築デザイン研究会NADS」ですが、調べようとしたところ事件後にすでにtwitterのアカウントを削除するという素早い対応をしています。

「新建築デザイン研究会NADS」の概要ですが、日本工業大学公認のクラブ団体のようです。

過去の新建築デザイン研究会の公式サイトによると、部活のようです。NADSはNew Architect Design Studyの略だそうです。

部員数は2011年の段階で約50人が参加していました。今でも人気があまり変わらないとなれば、現在も約50人の学生が今回の展示物作成にかかわっていたようです。

今回のイベントのほかにも、日本工業大学百年記念館で行われたNプロ展というイベントでも作品の展示会をしているようで、結構まともな団体のようです。

主な活動は何らかの作品を作ってイベントで展示したりすることが活動内容の一つだったのでしょう。

ちょうど11月6日は大学の学祭の若杉祭でしたが、そちらでの展示で何をしていたかはFacebookなどでは出てきませんでした。

NADSとしては、東京イベントウィークに力をいれていたのでしょうか?もしくは「秀麗展」というイベントが若杉祭であるので、そこに作品を出展していたかもしれません。

日本工業大学って?

ところで、日本工業大学ってまったく聞いたことありませんが、どこにある大学なのでしょうか?
こちらが公式ホームページ

公式ホームページで確認しようとしたところ、事件後の23時には公式サイトがダウンしており確認することができませんでした。

確認したところ、事件を起こした新建築デザイン研究会NADSの学生たちが在籍しているであろう建築学科の偏差値は38程度でした。

偏差値だけを見ると、あまり高いとは言えないレベルだったのですね。

大学の所在地は、埼玉県の南埼玉にある学校のようです。

火事の画像や動画

動画については、こちらにアップされていますので、ご覧ください。一部モザイクがかかっているのですが、火災の様子がわかります。
火災映像はこちら

モザイクがかかっていますが、どうやらこのモザイクがかかっている部分に男の子が黒焦げになって倒れているようです。

周りの人たちの反応から察するに、展示物をどけた時にはもう男の子がなくなっているのがわかる状況だったのではないでしょうか?

画像はtwitterやいろいろなところで取り上げられていますが、火災前の展示物と火災後の展示物をアップしておきます。

【火災前】
%e5%87%ba%e8%8d%b7%e5%89%8d

【火災後】
神宮外苑,火事

今後の大学側の対応は?

今回は学生が作成したオブジェで火事が起きて、男の子が一人亡くなってしまいました。たとえそれが故意ではないにしても、

責任は誰かが取らなくてはなりません。新建築デザイン研究会NADSの方々も、このような事故を起こしたくて起こしたわけではないので、

彼らに責任追及がされないことを祈ります。

twitterのアカウントを消したということは、これ以上炎上させないという意味では一見正しいのかもしれませんし、ややネットで騒ぎすぎている気もします。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*