東京工業大学(東工大)が日本工業大学(日工大)の風評被害で大迷惑!神宮外苑の火事に関係なし

日本工業大学,NADS

11月6日に神宮外苑で起きた日本工業大学新建築デザイン研究会NADSが起こした火災が起きました。出火の原因についてはこちらをご覧ください。

出火原因についてはこちら!

その日本工業大学の学生が起こした火事ですが、いま東京工業大学(東工大)が風評被害を受ける羽目になっています。

ネットで一体何が起こっているのか調べて、勘違いツイートを探してみました。

スポンサーリンク

東京工業大学(東工大)の受けた風評被害

皆さんは今回の事件で日本工業大学ってどこと思われたかもしれません。私も最初はわかりませんでした。下記に日本工業大学新建築デザイン研究会についてまとまっている記事を載せておきます。
日本工業大学新建築デザイン研究会

今回の事件を起こしたのは日本工業大学ですが、その名前が似ているということで東京工業大学と勘違いする人が出てきているようです。

確かに、東京工業大学と日本工業大学はたった2文字違いなので間違われることがあるかもしれません。

また、日本工業大学よりも東京工業大学の方がノーベル賞関連でも大学の偏差値の高さからする知名度でも有名ですからね。

以下私なりに、間違えられた理由を考察してみました。

東工大が間違えられた理由

以下の4津の理由から東工大が今回の日本工業大学と間違えられたのではないかなと思います。最後はまちがえられてはいませんが。。。

東工大は名前が似ている

やっぱり一番の理由はこれだと思います。たったの2文字違いということで、間違えてしまっているのでしょう。

ニュース何てまじめに見るよりも流し見をしていることの方が多いと思いますので、番組のテロップを見て東工大がやったと思ってしまったのでしょう。

「日本」と「東京」という漢字も似ていますしね。。。いや似ていませんね。

東工大の方が有名

知名度という点では東工大が圧倒的に勝っています。東洋経済が発表している日本の本当に強い大学ランキングでは、東工大は11位に入っていますが、日本工業大学ははるか下です。

また、ノーベル賞でも東工大は2000年に白川英樹さんが化学賞を受賞されていますが、日本工業大学の受賞者はいません。そもそもノーベル賞受賞者なんて日本では20人程度なのですから、受賞者がいないのは当然です。

偏差値でも東工大は高いですし、ブランド力も東工大が高いですね。

東工大といえば爆発

今回の事件では、展示物から火の手が上がりましたが、そこから東工大が過去に起こした爆発事件を思い出した方もいるのではないでしょうか?

東工大は最先端研究をしているだけあって、一歩間違えれば事故につながることを安全に研究しているようです。

そういうこともあって、東工大では数度火事を起こしています。その事件で東工大がまた燃やしたのかと勘違いした人が出たのではないでしょうか?

ただのネタ

「東工大」と「日工大」という表記にすれば1文字違いです。だから、わかっていてネット民がtwitterなどで間違ているかもしれません。

現に少し調べればわかることにもかかわらず、同じようなツイートが繰り返されていました。やっている人はネタかもしれませんが、

それで東工大が炎上するのは東工大が可哀そうですね。

東京工業大学(東工大)と日本工業大学(日工大)の比較

せっかくなので、いくつか比較してみました。

(2016年情報)東京工業大学(東工大)日本工業大学(日工大)
偏差値(工学部)6538
学生数約10,000人約5,000人
所在地東京都埼玉県
ノーベル賞受賞者20

以上が比較画像です。適当にピックアップした情報で比べてみましたが、どちらも所在地は関東なんですね。

学生数は約2倍で東工大の方が多く、ノーベル賞受賞者は東工大が2人に対して日工大が0人でした。

偏差値は差が大きく、まさかの約50ポイントも差をつけられています。ほとんど一番上と一番下の違いがありますね。

偏差値が低くても頭の良い人はいますし、偏差値が高くてもあほな事件起こす人もいますし、偏差値でその学校のレベルが測れるわけではありませんけどね。

東工大の風評被害ツイート

以上のように東工大が日本工業大学の火災事件の風評被害を受けることになっています。日本工業大学もつらいでしょうが、なんの関係もない東工大側も大変そうです。

名前が似ていたり、爆発の印象が東工大に合ったことでニュースを流し見していた人たちが間違えたのかもしれませんね。

東京には別に東京工科大学なんて大学もありますが、こちらは名前が似ていても風評被害は受けておらず、なんだか寂しそうですね。

最後にツイッターで東工大の風評被害をまとめられていたツイートがあったのでご紹介します。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*