名古屋グランパス次期監督候補のグエン氏とデュリックス氏って誰?実績や経歴紹介

名古屋グランパス

名古屋グランパスの次期監督にフランス人の候補2人が上がってきました。ある報道がそう伝えています。

監督候補ですが、一人が「ポール・ル・グエン氏」で、もう一人が「フランク・デュリックス氏」のようです。

名古屋グランパスは今季まさかのJ2落ちを果たしてしまい、また小倉監督の問題でいざこざがあったので、次期監督がどうなるのか注目されています。

まだ、正式な発表ではなく、ニュースの報道ですが、両氏の実績や経歴をまとめてみました。

来季の名古屋グランパスの監督に誰がつくのか注目です。

追記:名古屋グランパスの来季の監督に風間監督が就任することが確定的になりました。下記のリンク先に記事を記載しております。

風間次期監督がほぼ確定!

スポンサーリンク

名古屋グランパスの来季の監督候補

スポニチアネックスは下記のように報じています。

来季の新監督は親会社であるトヨタ自動車主導で選定。そんな中、ポール・ル・グエン氏とフランク・デュリックス氏が候補に上がっていることが分かった。ともにフランス人で新監督を選ぶ上で相談をしているアーセナルのベンゲル監督とのつながりもある。

(参照元:http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/11/07/kiji/K20161107013676800.html)

まだ候補の段階ですが、「ポール・ル・グエン氏」と「フランク・デュリックス」氏が今の候補に挙がっているんですね。

そこで、両氏の実績と経歴を調べてみました。

ポール・ル・グエン氏の実績や経歴等プロフィール

  • 名前:ポール・ル・グエン
  • 年齢:52歳(2016年)
  • 選手時代:フランス代表として活躍
  • 監督時代:3つのクラブチームと2国の監督

ポール・ル・グエン
(参照元:http://jp.uefa.com/memberassociations/association=fra/news/newsid=826924.html)

グエン氏は選手時代にフランス代表として活躍していました。ポジションはMFだったようです。

彼の実績ですごいところは、監督経験です。「オリンピック・リヨン」をはじめとしたクラブチームでの監督経験がありますし、

カメルーン代表やオマーン代表の監督も務めています。名古屋グランパスの監督としては最適だと思います。

小倉監督が監督の経験が無いまま采配を振るい失敗しました。その解決策として経験が豊富な監督を来季は呼んでくることが良いはずです。

グエン氏も最近は監督として目立った成績は残せていないようですが。。。

しかし、グエン氏にオファーをかけたとして彼は名古屋グランパスに来てくれるのでしょうか?

私はオファーに乗ってくれると思います。今年の夏にナイジェリア代表の監督を務めるという報道が流れたのですが、最終的には交渉は決裂しました。

その理由が、ナイジェリアの治安不安によるものらしいのです。日本では治安に対する不安は全くありませんし、ナイジェリア代表監督と違って、名古屋グランパスに来てくれる可能性が高いはずです。

フランク・デュリックス氏の実績や経歴などプロフィール

  • 名前:フランク・デュリックス
  • 年齢:51歳(2016年)
  • 選手時代:名古屋グランパスでプレー経験あり
  • 監督時代:アーセナルJMGサッカーアカデミー

フランク・デュリックス
(参照元:http://ja.ifaf.asia/column/1586)

デュリックス氏はフランス代表としての活躍はほぼないものの、クラブチームで活躍していました。

現在はベトナムにある「アーセナルJMGサッカーアカデミー」で監督になっています。このサッカーアカデミーはベトナムにあり、ベトナムの若手の育成機関だそうです。

名古屋グランパスでのプレー経験があるということで、日本のかってを知っておりなじみやすいということは良いのかもしれませんが、難点は監督経験です。

小倉監督と同じように、ほぼ未経験というわけではないですが、このサッカーアカデミーで監督を務めている以外は監督経験が無いようです。

そして、肝心なオファーをすれば来てくれるのかですが、デュリックス氏はこないのじゃないかと思います。

今はベトナムの若手の育成をされていますし、いくら名古屋グランパスでプレーした選手だからと言って、それだけで来てくれはしないと思います。

結局来季の監督はどうなるのか?

来季の監督ですが、私はこの「ポール・ル・グエン氏」が良いのではないかと思います。すでにオマーン代表の監督を辞めていますし、

監督経験が豊富ということが、今名古屋グランパスが求めている人材像と合致すると思うからです。

しかし、両氏もまだ候補でしかないうえに、オファーもしていないでしょうから、今後の名古屋グランパスのクラブ側の公式発表を待つばかりです。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*