甥が心臓病と募金詐欺した容疑者の顔や名前と犯行理由!借金の返済が目的?

りたくん,心臓病,詐欺

ある借金苦の女性が甥が心臓病になった「りたくんを救う会」という嘘のホームページやフェイスブック、アメブロを作成し募金を集めていました。

犯人の顔や名前を調べて、犯行目的を調べてみました。

今回は拡張型心筋症になったと嘘をついていたのですが、本当にこの病気に子供がかかって治すために、本当に募金を集めている人たちがいる中、

人の善意を逆手にとって、詐欺をするなんてありえません。人としておかしいと思います。

ニュースで取材を受けていたのですが、その時に返金にはすべて応じると答えています。

岩本まどかさんが患っていたADHDや拡張型心筋症については下記でまとめています。

ADHDや拡張型心筋症についてはこちら!

逮捕された場合の懲役や罰金については下記でまとめています。

逮捕された場合の懲役や罰金はこちら!

スポンサーリンク

「りたくんを救う会」で甥を使って詐欺をした女性の名前と顔

今回の事件の犯人は女性ということでした。この記事の作成中にはすでにフェイスブックとホームページは削除されていました。

しかし、アメブロは削除されず残っていました。>りたくんを救う会
アメブロのユーザは削除されているのですが、ブログ自体は残っています。
アメブロはアカウントを消してもブログは残るのでしょうか?

以下容疑者の情報をまとめていきます。

追記:アメブロも削除されていました。

  • 名前:岩本まどか
  • 年齢:36
  • 仕事:不明
  • 借金:1,400万円
    1. (参照元:http://mera.red)

      以上が分かっている情報です。顔写真についてはこちらのページにそれらしき女性の写真がありました。こちら!

      追記:アメブロのページも削除されていましたので、岩本さんと思われる画像を上げておきます。これはアメブロに貼ってあったものです。
      岩本まどか
      o0480036013788681477

      岩本まどか
      (参照元:http://ameblo.jp/rita1231/)
      岩本まどか
      (参照元:http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2911545.htm)

      36歳にして借金1400万円をかかえるなんて相当ですね。いったい何に使えば1400万円も借金をできるのか?

      仕事は無職ではなく働いているようですが、職場でも嘘をついていたそうです。職場の同僚にも心配してもらっていますという記事を書いて、アメブロ上に投稿していました。

      追記:どうやら働いているというのも嘘でした。アメブロでは、11月3日に会社の同僚と撮ったとみられる画像をホームページ上にアップしていました。しかし、以下のYahooニュースの取材によると今年の5月から働いていなかったようです。

      女性によると、注意欠陥多動性障害(ADHD)のため今年5月に働けなくなり、生活に困窮し、うその募金を思いついた。10月に団体のホームページを開設したところ、支援者から記者会見をするようアドバイスを受け、引くに引けなくなったという。

      (参照元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161109-00000112-mai-soci)

      近年ADHDが一般的に知られるようになってきましたが、だからといって嘘の募金をして良いとはならないと思います。周りに頼れる家族はいなかったのでしょうか?そう思っていると、下記のようにも回答していました。

      女性は報道各社や児童の家族に向けた謝罪文を発表し「食べていくにも困っており、父から『死にたい』と言われ、うその募金を思いついた。大変申し訳ない。寄付があれば全額返金する」とした。

      (参照元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161109-00000112-mai-soci)

      実の父親に死にたいといわれていたことが、きっかけになったようです。ADHDで働けないが、生活していくためにはお金が必要。だけれども稼ぐ手段がないから、寄付金を嘘をついてでも集めて生活をしようと考えたのでしょうか。

      状況が状況ですが、本当に困ったときにひとことでも兄弟に頼れなかったのでしょうか?

      ん?

      父親ですよね?ということはりたくんの祖父でもあるということではないでしょうか?

      そうだとするなら、父親に死にたいといわれたのであれば、それは彼女だけでどうにかする問題ではないのでは?

      彼女の発言が本当であるとするならば、ほかの兄弟はそのことに関して、何もアクションを取らなかったのでしょうか?もしくは彼女にしか父親が打ち明けておらず、それは兄弟に言うことができなかったのでしょうか?

      りたくんの父親が、彼女の弟にあたるようですが話し合いは持たれなかったのでしょうか?それとも、この発言も虚偽なのでしょうか?

      今回は甥が心臓病だと嘘をついていたのですが、その甥の両親さえもこの事実について会見後に話を聞くまで知らなかったようです。

      甥っ子の家族も含めて、下記のような投稿を岩本容疑者が過去にしており、岩本容疑者は家族さえもだましていたようです。

      まだ6歳になったばかりで早く助けたかった私たち家族は家族内でお金を出し合いましたが従兄弟たちに出してもらってもアメリカのカルフォルニアに移植手術するお金は到底まだまだ先の話になってしまいました。
      そこでオバである私が発起人となり、りたくんを救う会を立ち上げようと思い、今回のブログに至りました。

      (参照元:http://ameblo.jp/rita1231/entry-12212236274.html)

      犯行目的は借金1,400万円の返済!

      肝心の犯行目的ですが、1,400万円の借金返済でした。ADHDで働くことができなくなり、借金返済のための手段で今回の行為に至ったそうです。

      しかも甥の治療のためと偽って募った募金額は1億5千万円でした。たとえ、1,400万円の借金を返済したとしても、1億3千万円以上は手元に残ります。

      岩本容疑者はこの1億3千万円というお金をだまし取って、何をするつもりだったのでしょうか?

      追記にも書いているのですが、ADHDで今後自分が働いていけないと思ったから、その生活費のために残りの1億3千万円以上を使おうと決めたのでしょう。

      寄付として振り込まれたお金はまだ使っていないようで、全額返金されるそうです。まだお金があったということがせめてもの救いです。

      これですでにお金を借金の返済に充てていて、もうないから返せないということであれば最低でしたね。

      募金の返金方法

      既に募金してしまった人には返金対応をするそうですが、その返金の方法については情報がまだありません。

      しかも、ホームページを削除して、Facebookを削除して、アメブロのアカウントを削除してどうやって連絡を取るつもりなのでしょうか?

      振込時に電話番号を入力しているはずなのですが、それは銀行の確認用のためでしょうから、岩本容疑者が知れることはないはずです。

      再度ホームページを作ることは考えにくいでしょうから、おそらく自分で電話をして返金を要求するしか方法はないのではと私は思っています。

      こちらにこの事件のものではないですが、寄付金の返金について書かれた記事をのせておきます。
      寄付金の返金について

      返金方法について最新の情報が入り次第更新します。

      こんな詐欺はなくなるべき!

      今回は詐欺が途中でばれて、お金もすべて返金してもらえるということで、まだましでした。

      しかし、お金が返ってくるからと言ってこのようなことは許されないと思います。こんなことをすれば、本当に子どもが病気で募金を集めている人たちまで疑いの目を向けられてしまいます。

      そんなことにならないためにも、こんな人の善意を利用して詐欺を働くことは避けてほしいものです。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*