岩本まどかさんの患ったADHDとは?拡張型心筋症の症状や手術費用

岩本まどか

岩本まどかさんという女性が「りたくんを救う会」という団体を立ち上げて、拡張型心筋症にかかった(嘘)というりたくんを救うために募金を募った。

彼女は入念にことを進めていった。ホームページを立ち上げて、アメブロを更新して、Facebookで情報発信をして、ビラを作成しボランティアまで募っていた。

概要に関しては別記事でまとめているので下記を参照してください。
概要についてはこちら!

この記事では、主に彼女の患ったADHDがどのような症状だったのか、働くことがADHDだとどれだけ難しいのかを調べてみます。

また、りたくんが患っているとされていた拡張型心筋症とはどのような病気なのか?本当に治療費手術費用はいくら必要かを調べてまとめてみました。

もしも逮捕された場合の懲役や罰金については下記でまとめています。
逮捕された場合の懲役や罰金はこちら!

スポンサーリンク

岩本まどかさんが患っていたADHDだと仕事ができない?

岩本まどかさんは「りたくんを救う会」を作って、りたくんが拡張型心筋症で治療費に、あと1億5千万円必要だと嘘をついた原因のひとつは、ADHDで今年の5月から働けなくなったからと言っています。

近年になってやっと認知度が上がってきているADHD/ADDですが、本当に仕事ができないほどの症状なのでしょうか?

ADHDの症状

ADHDの専門サイトがありましたので、リンクを張っておきます。ADHDについて詳しくはこちら!

主にADHDは3つの症状があります。

  1. 落ち着かなくて動き回る
  2. 周りに合わせて我慢ができない
  3. 集中力が散漫なときと集中しすぎる時がある

そして、もう一つ気になる症状として、

・衝動買いをしてしまう

(参照元:http://adhd.co.jp/otona/shoujou/)

岩本まどかさんは借金が1,400万円あるそうですが、このADHDの特徴と合致しています。また、今回の騒動の元凶はここにあるのかもしれません。

ADHDだと仕事がし辛い

子供のころであれば、活発ややんちゃだと捉えられるでしょうが、

大人になってからもこのような症状があると社会生活が厳しくなると思います。特に2番の周りに合わせて我慢ができないというところでは、ディベートや上司への報連相の時に不都合が生じると思います。

一般的なサラリーマンという仕事は難しかったのではないでしょうか?

岩本まどかさんもADHDが本当だとすれば、かなり苦労されたのではないかと思います。ADHDでも仕事ができないというわけではありません。

ADHDでも程度の違いはあるそうなので、軽ければ少し空気が読めないと周りが思う程度で、ミスはしつつも仕事をこなしていけるようです。

また、今では薬があり、気分の浮き沈みを調整することができるようです。それでも仕事を転々とする人が多いみたいです。

栗原類さんもADHDで苦労

栗原類さんの場合は、小さいころにADHDの診断をされたからこそ、そこでADHDに向き合うことができたそうです。

ADHDだとどうやってもできないことがあるようで、できないことはできないと区切りをつけて長所を伸ばしていくことがADHDの突破口になるようです。

しかし、一番大事なことは周りの理解だそうです。今回の岩本まどかさんも周りが早くに気付いて手を差し伸べていれば、ここまで大事にはならなかったのかもしれません。

拡張型心筋症の手術費用や症状って何?

拡張型心筋症の症状

症状としては、呼吸困難や少しの運動ですぐに疲れてしまうというものがあります。また、拡張型心筋症は難病指定されています。

難病情報センターに詳しくまとめられている記事がありましたのでご参考ください。拡張型心筋症について詳しくはこちら!

拡張型心筋症の手術費用

拡張型心筋症はまずは薬で治療をして、治る見込みがなければ手術の必要があります。そして、外科手術の一つに心臓移植があります。

この心臓移植を受ける場合は、もちろん心臓提供者が必要ですが、日本ではこの子供に臓器を提供する人がいません。

だから、アメリカなどの海外で心臓を提供してくれる人を待つ必要があります。そして、手術も必然的にアメリカなどの海外で受けることになり、渡航費用や手術費用などたくさんの費用が掛かります。

他の真っ当な心臓移植のための募金をしている方々の場合は、おおむね1億5千万円程度がかかるようです。もちろん、手術内容やその時の経済状況によっても変わるので一概に言えませんが。

そして、その内1割が間接費用として、渡航費や現地滞在費などに使用されて、9割が直接治療費に使われるようです。

拡張型心筋症で本当に困っている人に対して失礼!

岩本まどかさんは、ADHDになり今年の5月から働けなくなっていたそうです。ADHDで仕事を転々とする人も多いらしく、彼女も相当な苦労をされてきたのでしょう。

今では薬もあるので、それで症状を少しでも抑えながら周りの理解を得て仕事ができればこういうことになっていなかったかもしれませんね。

拡張型心筋症という病気をりた君が患っていると嘘をついていたわけですが、手術費用はだいたい1億5千万円程度かかるようです。

今後本当に拡張型心筋症で海外で心臓移植を受けるために募金活動をする人たちが、嘘なんじゃないかと思われ無いことを切に願います。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*