フードリエのウインナーに異物混入!対象商品や原因、返品方法まとめ

ウインナー,フードリエ

食品への異物混入がまたまた出てきました。しかし、今回は虫ではなくプラスチック片です。

シーチキン、カロリーメイト、チョレギサラダ、ときて次はウインナーに異物が混入しました。

フードリエという大阪の会社が対象のウインナーの自主回収を行っています。今回は対象の商品や異物が混入した原因返品方法をまとめてみました。

ゴキブリシーチキンはこちら!

カマキリ入りチョレギサラダはこちら!

スポンサーリンク

フードリエのウインナー異物混入事件概要

次はウインナーの中にプラスチック片があったということで、消費者から苦情が入り、ウインナーを自主回収しています。

まずは、あまり聞きなれないフードリエの会社と今回の回収騒動をまとめました。

  • 会社名:フードリエ
  • 本社所在地:大阪府高槻市
  • 対象製品
  • 対象製品は下記3商品です。

    1. パリッと朝食ウインナー250g(増量)
    2. 家族の定番あらびきウインナー220g
    3. あらびきウインナー316g
  • 異物:プラスチック片

あまり名前は聞いたことがないかもしれませんが、1956年から約60年続いている企業です。大阪の企業ということですが、

私は大阪に住んでいるのですが、ここの商品を見た覚えがありません。近くのスーパになくて買ったことがないので、味に関しては正直わかりません。

フードリエの公式ホームページはこちら!

たびたび食品異物混入が続きますが、今回は虫ではなくプラスチック片でした。虫は食べても大きなけがになることはありませんが、

プラスチック片を子供が誤って飲み込んでしまったときは大事になりかねない分、重大さでは、虫より上ではないでしょうか?

なぜ、プラスチックがウインナーに混入してしまったか原因を考えてみました。

フードリエのウインナー異物混入事件の原因

朝日新聞デジタルの報道ではこう伝えられています。

一部の商品からプラスチック片が見つかった。原料として仕入れた豚肉や調味料に、混入していた可能性があるという。購入者から指摘が6件あったという。

(参照元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161111-00000005-asahi-soci)

購入した原料にプラスチック片が混ざっていたようですね。自社の製造ラインでは絶対に混入はありえないと確信しているのですね。

人が入れたということは無いと思います。アクリフーズの一件で工場に関しては注意をしていたでしょうし、これはまずないですね。

それでは、フードリエは原料の豚肉や調味料をどこから仕入れていたのでしょうか?この情報に関してはフードリエの公式ホームページには載っていませんでした。

子会社のホームページでは、仕入先が書いてありました。その中には全国の組合や企業がありました。なので、おそらくフードリエも同じ様なところから仕入れていると思います。

大阿蘇ハムの取引先から考えるとフードリエの原料仕入れ先はここらになるのじゃないかと思います。

  • エスフーズ株式会社
  • JA全農ミートフーズ株式会社

コメントをいただきましたので、追記させていただきます。エスフーズ株式会社ですが、これはフードリエの親会社にあたるそうです。したがって大阿蘇ハムから見ても、このエスフーズとの取引は親会社との取引に当たります。(2016/11/13追記)

フードリエのウインナー返品方法

このフードリエという会社ははごろもなどと違って、ちゃんと返品方法を公式ホームページで紹介していました。

商品をフードリエお客様センターまで宅配便で送り、後日返金対応をしてもらえるようです。

すでに、公式ホームページで対象となる製品の詳しい情報と返品方法が書かれていますので、公式ホームページをご参照ください。

続く異物混入

異物混入事件が相次いで続いています。最近は日本の食も安全ではないのでしょうか?実はそうではありません。

大きくニュースになっていないだけで、異物混入だけでなく、アレルギー成分やパッケージの印字ミスなどで回収になっているものは毎週あります。

今回はたまたま事件が続いたことで、このフードリエも取り上げられたということだけです。

何万個という単位で毎日製造しているので、異物の混入は仕方がないのかもしれません。消費者としてはい嫌ですが。

ですから、今回フードリエが取り上げられたからと言って、この会社がダメだったというわけではありません。このフードリエの混入事件と同時期にフジッコも同じようにプラスチック片の混入で商品を回収しています。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. すすむ より:

    フードリエは簡単に言って元グリコハムです。また大阿蘇ハムは相模ハムの元子会社九州相模ハムでした。どちらもエスフーズの子会社でした。デリフレッシュフーズも似たようなものです。これらの食肉加工会社をエスフーズ会社が整理統合したのが、今のフードリエ以下の子会社体系と思われます。全てエスフーズの傘下だということですね。因みにエスフーズはこてっちゃんでコアなファンを持つ東証一部上場企業です。国産・輸入肉and加工肉の会社です。この会社の品質管理体制影響下にあるということです。

    1. broadal より:

      コメントいただきありがとうございます。
      エスフーズという親会社がいて、子会社にフードリエがいる。
      孫会社に大阿蘇ハムがいるという組織構造だったんですね。
      教えていただきありがとうございます。
      エスフーズやフードリエが監督責任を果たしていたのかが問題になりそうですね。

コメントを残す

*