銀座で火事?出火元や原因は何?

銀座,火事

11月11日の花金の夜23時ごろに銀座の繁華街で火事があり、一時騒然としました。

最近は冬になってきて空気が乾燥しているためか、火事が頻繁に起こるようになってきました。

一部では人が燃えることも。

今回の火事騒ぎの原因出火元を調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

銀座の火事の概要

今回起きた銀座での火事の概要は下記です。

  • 場所:銀座のビル
  • 日時:11月11日(金)23時ごろ
  • 被害者:0(11/12の5時現在)

ハナ金ということもあって、銀座がにぎわっている中にこのような事件が起きました。被害者は出ていないようで、そこまで大きい火事ではなかったみたいです。

銀座のビルということですが、調べたところ銀座の中でも下記のビルだと思います。日刊スポーツでとられた写真の中に移っている店舗から場所を見つけました。
銀座,火事
(参照元:http://www.nikkansports.com/general/nikkan/photonews/photonews_nsInc_1736919-0.html)
銀座,火事

ビルの名前はわからなかったのですが、焼き鳥屋が入っているビルだと思います。

出火元はどこ?

あくまで私の予想になるのですが、出火元はこの焼き鳥屋ではないかなと思っています。

「鳥ばか一代」というお店が出火元になっていると思う理由としては、これも日刊スポーツの写真なのですが、消防士の方がホースを持って向かっている先が、そっちの方に行っているからです。

その手前にあるホルモン焼き肉屋から出火したのかと思いましたが、その先にホースを構えていたので、違うと思います。

公式に発表されていませんので、出火元は確定ではありませんが、私はこの「鳥ばか一代」ではないかなと思っています。

店内もオープンになっていてカウンターの目の前で焼き鳥を焼いて出してくれるお店のようですので、炭火を使っていたでしょうし、その火がどこかに燃え広がってしまったのでしょう。

銀座で起きた火事の出火原因は

出火元がこの焼き鳥屋として、出火原因を考えていきたいと思います。「焼き鳥屋 火事」で検索すると、数多くの火事の事件が出てきます。

焼き鳥屋は炭火を使いますし、炭って一度火が付くと消えにくいので燃え広がってしまうと一瞬です。

鳥って部位によっては結構油もありますので、その飛び散った油に引火してどこかに炎が燃え広がったのかもしれません。

高円寺の居酒屋でも過去に大規模の火事が起こっています。その時には天井からつりさげられていた布に引火したことで火が燃え広がりました。

同じように垂れ布に引火したのかと思いましたが、Googleで店内の写真を確認したところ、別に垂れ布があるようなお店ではありませんでした。

最後に私の考えとしては、周りにある何かに火が引火したことによる火事だと思います。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*