ファンレターの差出人を久保帯人さんが探し中!情報提供をネットで呼びかけ

久保帯人,手紙

BLEACHの作者の久保帯人さんがネットであるファンレターの差出人について情報提供を呼び掛けています。

とあるファンレターが久保帯人さんのもとに送られてきたのですが、そこには差出人の名前や住所は書かれていませんでした。

しかし、中身を見てみるとそれはとても悲しい応援ファンレターだったのです。その差出人は他界されているのかもしれません。

騒動の内容のまとめと情報提供の方法をまとめましたのでご一読ください。

スポンサーリンク

ファンレターの差出人を久保帯人さんが募集することになった経緯

ファンレターの画像と発端となった久保帯人さんのツイートを下記に掲載します。

すでに16万ツイート以上がされています。多くの方が賛同して情報を拡散しています。

一体どういう理由で差出人を探しているの?

久保帯人さんが差出人を探されている理由は、久保帯人さんがBLEACHの連載中に体を壊して漫画を描ける状態ではなかった時が続いたときに、このファンレターを読むことで元気がもらえて漫画を描き切ることができたそうなんです。

ファンレターの中身は、男の子が病気にかかってしまい友達とも遊ぶことができず、落ち込んでいたが、久保帯人さんのBLEACHを読んで、とても元気が出た。

毎週BLEACHの連載を楽しみにしている。だから、久保帯人さんの思うBLEACHを最後まで書ききってほしいというお願いのファンレターだったようです。

久保帯人さんは、このファンレターをもらうことで元気がもらえて、漫画を描き切ることができた。このファンレターの差出人に会ってお礼を一度言いたい。

しかし、差出人も連絡先も書いていないので、どこの誰かが分からない。そこで、久保帯人さんがファンレターをツイッターで公開し情報を集めることになりました。

また、漫画でわかりやすく流れをまとめられていますので、下記のURLからご覧ください。

【漫画】久保帯人さんが勇気をもらったファンレターの話

上記のURLでは、四コマ漫画をいくつも書くような形で、おそらく久保帯人さんが書いたと思われる今回の騒動の一部始終が載っています。

今わかっている情報は、ファンレターを書いたのは難病にかかっていてもう他界している可能性が高い男の子ということ。そして、手紙の消印は切れていますが、おそらく「新宿」となっていることです。

ファンレターの差出人に関する情報提供の方法

ファンレターに関する情報は下記のサイトから提供できるようになっています。今回の騒動では集英社が全面協力しているのか、[shueisha]とURLに入っているサイトが用意されています。

送り主情報投稿フォーム

上記はResearch.netというしっかりとしたサービスのページになっていますのでご安心ください。

上記投稿フォームから、「ご自身のお名前」「メールアドレス」「情報提供内容」を入力して「完了」をクリックすれば情報提供をすることができます。

何か情報をお持ちの方がいれば、情報提供をしてあげてください。早く差出人が見つかることを祈ります。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*