恋ダンスの楽曲使用の条件!公式が遂に踊ってみた動画での使用認める

星野源

大人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」内で人気になった出演者が踊る「恋ダンス」の楽曲が公式で使用が認められました。

星野源さんの「恋」という楽曲に合わせて、ガッキーや星野源さんやその他出演者がダンスしており、とくにガッキーのダンスがカワイイ!と話題になり、広まっていきました。

youtubeでは恋ダンスの振付動画まででており、踊ってみた動画が数多くアップされていました。

この状況に対して、公式に「恋」の楽曲使用が、ある条件付きで認められました。今回は、その条件とやっていいこと・ダメなことをまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

「恋」の楽曲使用条件とは?

星野源さんの「恋」を出しているレーベル「SPEEDSTAR RECORDS」は、「恋」の楽曲使用を公式に認めることを発表しました。その条件がこちらの3つです。

  1. CDや配信で購入した音源を使用すること
  2. ドラマエンディングと同じ90秒程度の長さまで
  3. ドラマ放送期間中(12月20日まで)にYoutubeに公開

スピードスターレコードに楽曲の使用許可に関する質問が多数来ていたそうで、それに対して公式に見解を示したそうです。

楽曲使用条件もゆるく、今後も恋ダンスをアップする人が増えるんじゃないでしょうか?

iTunesであれば「恋」を250円で購入でき、12月20日までは踊ってみた動画をアップし放題ですね。

ただ、「恋」の使用楽曲が全面的に認められるのではなく、「恋ダンス」動画に使用していれば、動画の削除依頼は行わないとのことです。

多くのYoutuberがこの公式発表の前に動画をアップしていましたが、良かったのでしょうか?おそらくは個人的に許可を取っていたと思うのですが、無断だった場合はこの発表がなければどうしていたのでしょうか。

やっても良いこと・ダメなこと

上記の3つの条件に加えて、注意事項が一つありました。

但し、この音源を使った動画を営利目的に利用する等、その利用方法が不適切であると判断したものに関しては、
予告なく削除手続きを行う可能性もございますので予めご了承ください。

(参照元:http://www.jvcmusic.co.jp/-/Information/A023121.html?article=news132#news132)

営利目的ってところが、微妙な表現をされていますね。Youtubeにアップして広告表示させたらだめなんでしょうか?

やっても良いと思われること

  • 3つの条件を守ったうえでの恋ダンス動画のアップロード
  • 動画内での広告などの表示(グレー)

上記がやっても問題ないことだと思います。一つ目の恋ダンス動画アップロードは言うまでもなく公式OKです。

二つ目の動画内での広告などの表示はグレーだと思いますが、Youtuberが上げている動画では設定されていて、なおかつ削除もされていないので認められているのでしょう。

Youtuberって動画をアップして、広告収入で稼いでいますから、自分の動画を視聴者に見させることが営利目的にはならないんですかね?

やってはダメと思われること

  • 楽曲の再販売
  • 恋ダンス動画以外での楽曲使用

最初の楽曲の再販売は言わずもがなアウトです。具体的には、動画ではなく音声のみの「恋」をアップロードして、そこに広告を貼って収入を稼ぐことはアウトです。

二つ目が公式サイトでは明言されていないのですが、おそらくアウトになりそうです。というのも、公式サイトでは、恋ダンス動画をアップすることに対して動画の削除手続きを行わないという発表です。

BGMとしての使用に関しては、何も言っていませんので基本的にアウトでしょう。

なんで恋ダンスが流行ったのか?

恋ダンスがここまで流行るとは番組関係者も思っていなかったそうですね。一体なんで恋ダンスがここまではやったのかを考えてみたのですが、

おそらくは誰でもちょっと頑張れば簡単に踊れるからだと思います。

私はすごい運動音痴なのですが、このニュースを見た後にYoutubeの振付動画を見ながら練習したところ、それなりに踊れるようにはなりました。(多分)

妖怪体操も一時期はやりましたが、この踊りも子供でも踊れるような簡単なものだったので同じくはやったのだと思います。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*