東京都がプールの飛び込み禁止に!禁止にする理由と意味はあるのか?

飛び込み

東京都立の学校が2017年から学校のプールの授業で飛び込みを禁止にすることになりました。

水泳部などの活動では顧問が安全なことを確認していれば良いということです。

今回のプール飛び込み禁止の理由や、そもそも禁止にする意味はあるのか調べてみました。また、飛び込み禁止で何か弊害があるのかを考えてみました。

スポンサーリンク

プール授業で飛び込み禁止の理由は何?

2017年から東京都立の学校でプールでの飛び込みが禁止になったそうです。以下、朝日新聞が伝えています。

 東京都教育委員会は24日、都立学校の水泳の授業でプールへの飛び込み指導を原則禁じる方針を決めた。

(参照元:http://www.asahi.com/articles/ASJCS3WFQJCSUTIL01G.html)

あれも禁止、これも禁止ばっかりしていいいのかは置いといて、肝心な理由ですが、プールの飛び込みで事故が起きたことが原因のようです。

都立高校で7月、飛び込んだ男子生徒が首を骨折する重傷を負ったことを受けての措置。2017年度から始める。

(参照元:http://www.asahi.com/articles/ASJCS3WFQJCSUTIL01G.html)

こちらがそのイメージ図です。

飛び込み
(参照元:http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201609/CK2016092702000127.html)

これだと、教え方が良くなかっただけで、飛び込み自体が悪とは言えない気がするのですが。

プール授業で飛び込み禁止は意味があるのか?

そもそもこの対応に意味があるのかですが、けがをしないという意味では良い対策だと思います。

飛び込みでけがをするなら飛び込みをやめればよいという考えですね。

でも、この対策はなんだかなーと感じます。都が禁止したところで生徒は関係なく飛び込むと思うんですけど。

飛び込みを禁止にするのではなく、飛び込みを強制することを禁止にするにすればよかったのではと思います。

プールの授業ってタイムである程度採点が決まると思うので、飛び込みをした方が有利だと思います。

そこで、水中からと飛び込みだと不公平が生まれるから共通にする狙いがあるのでしょうか?

プール授業で飛び込み禁止にする弊害は何?

プール授業で飛び込み禁止にする弊害は2つあると思います。

  1. 飛び込みができない人が増える
  2. 飛び込み禁止にするとしたくてもできない人が増えます。やりたくない人は強制する必要はありませんが、

    やりたくても練習ができないから、飛び込みができない子供が増えるのは良いことではないように思えます。

  3. タイムが悪くなる→成績が落ちる?
  4. 飛び込みと水中スタートだとタイムが結構違ってくると思うのですが、そこの基準の改定なども必要になり、手間ではないでしょうか?

    もしくは、タイムって評価には入らないシステムなんでしょうか。

東京都って首都というだけあって、この方針が全国へ波及していくかもしれませんね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*