年収ランキング【40歳】発表!商社よりも会計士がもうかる?

年収ランキング

東洋経済が発表する全国版の年収ランキング【40歳編】が11月25日に発表されました。

私が勤めていた会社はちっちゃな零細企業でこんな年収もらえるなんて絶対無かったのですが、

世の中には40歳でこれだけのお金をもらっている人がいるのかと驚きました。この年収ランキングを見て、高給取りになりたいなら、どこを目指せばいいのか探ってみました。

スポンサーリンク

お金持ちになるためには会計を学ぶ方がいい?

11月25日東洋経済発表の年収ランキング【40歳編】が発表になりました。これを見ると、昔のような商社に勤めれば1000万円以上がもらえるお金持ちになれるというのは古いのかもしれません。
40歳の年収ランキングはこちら!

商社に勤めるためには、東大や京大、最近では海外の有名大学に行って、コミュ力もつけてやっと入れるかどうかという狭き門ですが、

その狭き門の商社よりも、高い年収がもらえる企業(業種)が最近増えています。

今は商社よりもM&A関連企業の方がお金持ちになれる?

今までは商社やテレビ関係が年収ランキングで上位を占めていたのですが、今はM&A関連上位10社中3社を占めています。

テレビ局が朝日放送の1社で、日本の商社が三菱商事と伊藤忠商事の2社です。それ以外は、定番のキーエンスやファナックなどが入っています。

1位と2位をM&A企業が占めています。さらに、年収が2000万円を超えているのは、この2社のみです。

M&Aは最近どんどん認知度も増してきています。株式市場でも、「ストライク」の株価が一時2倍以上まで跳ね上がるということもありましたので、この業種への期待感が高まっているのだと思います。

今後もM&Aは無くならないでしょうから、お金持ちを目指すためにはM&A関連企業がねらい目です。

高い給料がもらえる企業に入るためには?

それでは、そのM&A関連企業に入るにはどうすればよいのでしょうか?商社であれば、高学歴やコミュ力と忍耐力だと思うのですが、

M&A関連企業の場合は、新卒から入るのは難しいかもしれません。

M&Aの業種で高い給料が得られる求められている人材は、士業(公認会計士、弁護士、税理士、司法書士)など超難関資格所持者です。

それもそうですよね。企業の吸収合併をアドバイスするのですから、会計や経営、法律の知識がないとできません。

会計や法律を勉強すればお金持ちになれる?

お金持ちになるためには、会計や法律を勉強してM&A企業に就職して、クビにならずに勤め上げる才能があればよいということになります。

しかし、これが結構危ない道なのかなとも思います。最近では弁護士が多くなりすぎているという声も聞きますし、もしもちゃんとした企業に入れなかった場合、先が暗いのかもしれません。

今後も会社や人が存在する以上、弁護士や会計士の仕事が無くなることは考えにくいですが、クラウドやITの発展で仕事を奪われていくかもしれません。

そうすると、運よくM&A関連企業に就職できれば将来は約束されるでしょうが、就職できないと先細りになる可能性も無いわけではないと思います。

Youtuberで一攫千金か堅実な企業か?

最近の小学生の夢で人気になっているYoutuberですが、やっぱり小学生たちも人気者になれるお金持ちになれるというところが人気の理由じゃないかと思います。

年収ランキング【40歳編】を見る限りでは、小学生の夢の移り変わりと同じように、商社やテレビ局からM&Aなどの会計関連が高給取りに変わっているように見えます。

企業に入れば日本ではクビにされる可能性は低いです。一方で給料の昇給は決まっており、お金持ちになるには節約してコツコツ貯金する必要があります。

しかし、Youtuberになれば、稼げない確率の方が高いですが、当たれば企業勤めよりも収入が増えるでしょう。

今後はどちらを目指す人が増えていくのでしょうか。私は変わらず企業勤めを目指す人が多くなると感じます。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*