マックで異物混入?原因や商品名と発見店舗は海外なのか?

ソーセージマフィン

2016年11月下旬に、海外のマクドナルドで商品の中にビニールのような異物が混入していると思われる動画がYoutubeでアップされて動画再生回数が急上昇中です。

動画内の言葉を聞いている限り、日本語ではないので日本で起きたことではないですが、同じマクドナルドという店舗で起きているのですごい気になります。

今年は異物混入が立て続けに起きて、企業の不祥事が頻発しました。

今回のマクドナルドで異物が混入した原因や、対象の商品名やどこの国の店舗なのかなど情報をまとめてみました。また、これがねつ造ではないのか調べてみました。

スポンサーリンク

マックでソーセージマフィンに異物混入?

問題の動画はYoutube上にアップされています。その問題動画は下記の動画です。

動画は食べかけのハンバーガーのパティ部分にビニールのような異物が混入しており、それを取り出す動画になっています。動画は一分程度です。

動画の中では、食べかけのパティと思われる商品の中から、青いビニールのようなものを取り出しています。

この異物が何なのかははっきりとわかっていませんが、明らかにパティの中に混入しており、取り出していることが分かります。

マクドナルドで異物が混入した商品は?

この商品ですが、異物が混入した商品は何なのでしょうか?動画の説明欄には、「Sausage McMuffin 」と記載されていました。

日本では、「ソーセージマフィン」という名前で売られています。朝マックの定番100円メニューです。

しかし、袋を見たところ「EGG」という文字が見えることから、「ソーセージエッグマフィン」の可能性があります。

まとめると、今回海外で異物が混入したマクドナルドの対象商品は、下記のどちらかの可能性が高いです。

  1. ソーセージマフィン
  2. ソーセージエッグマフィン

マクドナルドで異物が混入した原因は?

気になるのが、今回ハンバーガーにビニールのような異物が混入した原因ですが、詳細は公開されてませんでした。

考えられる原因としては、パティの製造時の混入だと思います。詳しくはわからないですが、パティを店舗で一からこねるということはないでしょうし、工場での製造時の混入の可能性が高いです。

それでは、なぜ混入してしまったのでしょうか?

これは、何が混入していたかで変わると思うのですが、ビニールが混入していたと仮定すると、パティ製造時に原料の袋の混入なのかなーと推測します。

これ以外でビニールが混入することは考えにくいです。それ以外ではわざわざビニールを持ち込んで作業者が入れるかしないと混入しないですし。それはまずないと思います。

詳細についてはマクドナルドの発表待ちという状況ですが、混入物がビニールであれば、原材料の包装紙の混入かなーと勝手に推測しています。

マクドナルドで異物混入バーガーの販売店舗は?

今回の騒動ですが、間違いなく日本ではありませんのでご安心ください。元々、海外のニュースサイトでもいくつか取り上げられたものでした。

販売店舗はマクドナルドからは公開されていませんでした。国に関しても正直わかっていません。すみません...

詳細については調査中とのことですが、海外のニュースサイトでマクドナルドが公式に下記のように発言したとのことです。

A McDonald’s US spokesman told the Daily Mail: “McDonald’s adheres to strict food quality and safety standards, which we also require from all out suppliers.

“We take great pride in serving our customers every day with high quality products.

“Food safety is of the highest importance to McDonald’s. We are aware of this video and are investigating it further.”
(参照元:http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/woman-finds-disgusting-blue-goo-9326461)

英語はあまり得意ではありませんが、「マクドナルドは商品の品質は厳しくチェックしているし、原料の供給業者にも同じく厳しい品質チェックをしている。この異物混入のビデオについては認識していて、詳しい調査を実施中。」とのことです。

詳細な店舗の公開は、まだされていません。マクドナルド側も詳細について状況を把握できていないようです。

これはねつ造ではないのか?

これがマクドのハンバーガーだったというのは、動画の説明欄とマクドの包み紙から憶測されたものです。商品を見る限りでは、これがマクドの商品だとは判断がつかないのが実情です。

だから、正直なところ、この動画だけでは本当にマクドのハンバーガーなのかは断定できません。

もしかすると、マクドが嫌いな人が包み紙を利用して貶めようとしていると考えられなくもないです。

日本でも同様の異物混入で自分が被害を受けないか?

食に関して安全と思われている日本でも、マクドでは数回異物混入事件をおこしています。

マクドの異物混入について!

自分の食べるハンバーガーに異物混入しないか気になりますが、私はたとえ起こったとしても、そのハンバーガーを自分が食べる確率は限りなく低いと思っています。

全国の店舗数を約3000店舗だとして、一日に最低でも100個は出て、異物混入が1年に1つのハンバーガーに起こると考えると、

単純計算で、約1/1億(個)の確率で異物混入に当たります。実際はもっとハンバーガーは販売されているでしょうし、異物混入なんてほぼないでしょうから確率はもっと低くなります。まず当たるとは考えられません。

購入数など色々と省いているので正確性は乏しいですが、異物混入製品に当たる確率はものすごく低いようです。

ジャンボ宝くじが当たる確率が約1/1000万(個)のようです。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*