鹿島に対するさんまのコメントに批判殺到!MVPはレフリーって何?

クラブワールドカップで鹿島アントラーズがレアルマドリードに対して4-2で惜敗しました。C.ロナウドのハットトリックがあって鹿島は負けてしまいましたが、惜しかったと思います。

日本人としては、レアルに鹿島が良い試合をしても負けたということは悔しいことだと思うのですが、

これに対して明石家さんまさんの鹿島に対するコメントに批判が殺到しています。

どんなコメント
に批判が殺到しているのかやなぜそんなコメントしたのか理由を考えてみました。

MVPはレフェリーってどういう意味なんでしょうか?

スポンサーリンク

鹿島が負けてホッとしている?

2016年12月18日に鹿島アントラーズとスペインを本拠地とするレアルマドリードがクラブワールドカップ決勝で戦いました。

そもそも決勝まで進むこと自体すごいですよね。私はサッカーに特別詳しいというわけではありませんが、

日本のJ1のチームでも海外のトップレベルクラブチームと比べると実力は劣るというイメージがありました。

試合は4-2という結果だけ見れば、それなりに戦えたのではないかと思います。詳しいデータを見るとそうでもない気がしますが。

問題は、それを見ていたさんまさんのコメントです。批判が集まっているのはさんまさんの下記のコメントについてです。

まあ(鹿島が)がんばってくれて、きれいに着地ができたような気持ちでホッとしてます。もし鹿島が2-1で勝っていたら、高速道路でいろいろなことを考えてしまいそうやった
(参照元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161218-00000580-sanspo-ent)

普通日本人だと鹿島が負けたら残念ですよね。しかし、さんまさんは鹿島が負けたことについてほっとしているとコメントしています。

twitter上でも「鹿島ファンを敵に回した」「さんま、何なの?」といった批判コメントが続出している。

私が考えるに、この真意は鹿島とレアルは世間的に見て大きく力の差があり、今回鹿島が勝ってしまえば開催国だから不正があったのではないかと疑われるということだと思います。

実際に疑惑の判定として、後半にFWの金崎が倒されるということがありました。そこでイエローカードが出されるかと思いきや、出されずに続行したということがあり、ここでイエローカードが出ていたらさんまさんはレフェリーが誤審だといっていたのでしょう。

「2-1で勝っていたら」という発言から考えるに、さんまさんにとってはこのイエローカードが出されなかったことでホッとしているということでしょう。

レアル大好きなさんまさん

別の視点からこのコメントを考えると、ただ単なるファンの一言でしょうね。

さんまさんは鹿島などJ1よりも海外クラブチームの試合が好きだったようですので、ファンとしてレアルが勝ってほしかったからホッとしているし、

負けたらレフェリーがひいきしたんじゃないかという批判をしたくなる気持ちなんでしょう。

絶対勝てると思って応援していたチームが負けるって結構悔しいですしね。

MVPはレフェリーってどういう意味?

さんまさんはほかにも意味深な発言として、「MVPはレフェリー」という言葉を残しているそうです。

これは、レフェリーが日本びいきをしなかった。だから、レアルが勝てた。日本びいきをしなかったレフェリーにMVPをあげたいというところなのかもしれません。

レアルのC.ロナウドは準決勝でゴールを決めたときに、レフェリーからストップがかかってオフサイドではないかという判定がされています。

そんなことが今回レアルに起こらなかったから、レアルの方が好きだったさんまさんからすれば良い結果になったのではないでしょうか。

イエローカード問題も含んだ意味なのだと思います。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*