十津川村で高校生が神隠しに!山道で迷ったのか出てこられないのか?

十津川村

2016年12月18日に奈良県十津川村の十津川高校2年の生徒が部活動で15kmのランニング中に行方不明になるということが起こりました。

12月18日段階では生徒はまだ見つかっていないそうです。

十津川村がどういう場所なのか知らなかったのですが、結構山の中にある自然豊かな町です。

しかし、今回の事件では逆に自然豊かゆえに起きてしまったのかもしれません。

追記:最後に追記していますが19日未明に無事見つかったそうです。

スポンサーリンク

十津川高校剣道部員がランニング中に神隠し?

奈良県にある十津川村にある十津川高校の剣道部員の一人がランニング中に学校に帰ってこないという事件がありました。

12月19日2時時点では見つかったというニュースは入っていません。

このニュースについてネットでは、神隠し天狗の仕業などと言われています。まぁ冗談でしょうけど。

正直なところ、まず十津川村がどういうところかわからなかったので調べてみました。東京でなら例え迷っても問題なさそうですけど、十津川村の場合はそういう訳にもいきません。

上記の地図を見てもらえばわかる通り、山の中にある村です。人口はgoogleさんによると4000人弱ということで、あまり栄えている場所ではありません。

しかし、その広さは村なんてものではなく、600k㎡以上あります。確か京都市が800k㎡くらいでしたから相当な広さを持っていることが分かります。

地図を見た限りでは、その面積のほとんどを山林などの自然が占めているように見えます。

男子生徒は神隠しにあったのか?

確か少し前にも女子が神隠しではと噂される事件がありましたね。あの事件が結局どうなったのかはわかりませんが。

毎年行方不明者は出るようですが1週間以内に結構な数の人が見つかるようです。しかし、実際に見つからないままの人たちも1000人以上いると聞きます。

そんな人たちがもしかしたら、天狗に神隠しなんて...ないですね。

私は神隠しなんてものはまずないと思いますが、ニュースになっているように山道に迷ってしまったのではないかと思います。

警察は南さんが途中で山道に迷い込んだ可能性もあるとみています。
(参照元:http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20161218/5375511.html)

これは十分考えられるので、山で遭難していた場合はどうなるのか考えてみました。

山道で迷っていた場合はどうなるのか?

もしかしたら、山に迷った可能性があるとのことですが、もしも山道で遭難してしまっていたらどうなるのでしょうか?かなり過酷な環境が予想されます。

  1. 気温1℃という極寒
  2. 19日(月)の早朝の気温は1℃です。かなり寒いですね。これが防寒対策をしっかりしたうえで寒いのに、

    男子生徒はランニング中だったことを考えれば、厚着はしていなかったことが想像できます。

    もしも、ジャージだけだったとすれば危険かもしれません。

  3. 真っ暗闇に一人という孤独
  4. これは心情的につらいんだろーなと思います。山の中であれば山小屋でなければ電気なんて通っていないでしょうし、

    道もわからないで迷っている中で暗闇に一人きりというのは精神的に耐えられません。

    まして、周りは自然で危険な動物も出没する場所のようです。

  5. 熊などの野生動物の危険
  6. 野生動物でも野うさぎ程度であれば問題ないでしょうが、十津川村では今年に入ってからが目撃されています。

    12月頃から熊は冬眠に入り始めるようなので、遭遇する確率は低いでしょうが、出会って襲われてしまえばなすすべはありません。

    十津川村の熊情報

以上のような過酷な環境を強いられますから、もしも山道で迷ってしまったのであれば、すぐに発見されることを祈るばかりです。

大きなニュースになってしまって出られないのでは?

ネットでは神隠しや山で遭難しているといったことの他に、家に隠れているんじゃないかという意見もありました。

神隠しはあり得ませんが、これは私はあり得るんじゃないかと思います。

家じゃなくても走るのが面倒になって、友達の家で遊んでいたら行方不明届を出されてしまったことを知って、出るに出られなくなっているということも十分に考えられます。

そうであれば、かなりお騒がせにはなりますが怪我などもなく無事でしょうから、めちゃくちゃ親から怒られるだけで済んで良いんですがね。山で遭難よりはどこかの家でサボっていたであってほしいですね。

無事発見される

19日未明に捜索中のパトカーが彼を発見して保護したそうです。とくにけがをしているということも無いようで安心しました。

 奈良県十津川村の山中で18日、剣道部の部活でランニング中に行方がわからなくなっていた県立十津川高校2年の男子生徒(16)は19日未明、無事保護された。
 パトカーで捜索中の警察官が見つけた。生徒に目立ったけがはないという。
(参照元:http://www.yomiuri.co.jp/national/20161219-OYT1T50016.html)

熊に襲われることは無かったんですね。

詳細については発表されていませんが、わかり次第追記していこうと思います。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*