ロシア大使が銃撃された理由はなぜ?犯人は若い男性か?

2016年12月19日の夜にトルコでロシア大使が銃撃されるという事件がありました。トルコに駐在していたロシア大使がスピーチ中に銃撃されたとのことです。

犯人はすぐに警察に撃たれたということですが、なぜロシア大使は襲撃されてしまったのでしょうか?

気になったので、素人なりにロシア大使が若い男性に撃たれた理由や、今後日本に何か影響があるのか調べてみました。

スポンサーリンク

ロシア大使が襲撃された理由は何?

まず、事件の概要ですが大まかな内容は下記です。

  • 日時:12月19日夜
  • 銃撃を受けた人:アンドレイ・カルロフ大使(ロシア)
  • 怪我の具合:容体は不明(亡くなったとは報道されていない)
  • 銃撃者:非番の警察官

追記:ロシア大使は亡くなったそうです。BBCによるとトルコ人の非番だった警察官が犯人とのことです。他の報道ではすでに解雇されている元警官という情報もあり正確なところはわかっていません。

youtubeに事件当時の動画と思われるものが上がっていました。何語かはわからないのですが、動画に移っている若い男性が犯人でしょうか?

追記:動画が削除されていました。Youtube上で「大使 銃撃」と検索をすれば一部ですが、動画を見ることが可能です。

大使 銃撃

ロシア大使銃撃動画

ロシア外務省によると、トルコの首都アンカラで19日、銃撃を受けたロシアのアンドレイ・カルロフ駐トルコ大使が死亡した。
(参照元:jiji.com)

いよいよこれは大きな問題に発展しそうですね。軽いけがで済めば犯人が捕まればまだよかったのですが、大使が亡くなったとなれば国家間の関係改善には至らないでしょう。

銃撃された理由は国家間関係?

犯人が撃たれてしまい理由を聞けることはありませんが、おそらくはロシアとトルコの対立がこの結果を生んでしまったのだと思います。

中東のシリアで特に亀裂を深めてしまい、さらにトルコ軍がロシア軍の戦闘機を撃墜したということで問題になっていました。

中東ではロシアがアサド政権を支援している一方、その反体制派を支援するトルコという対立関係があって元々対立していたようです。

ロシア軍戦闘機撃墜については、トルコ側から謝罪があったということで一応は自体が終息に向かいました。

そして、関係を修復に向かっていた中、今回トルコに在駐していたロシア大使を何者かが銃撃するという事件が起こりました。

犯人についての情報は出ていませんが、この2国間の関係で納得がいっていない過激な若者が事件を起こしたんじゃないかなと私は思います。

犯人はトルコ人の男性?

犯人の詳しい情報はまだ出てきていません。一部のニュースによると、20代の男性だそうです。

事件動画に移っている男性が犯人であれば確かに若そうです。

トルコのメディアによりますと、カルロフ大使を撃ったのは、20代の男と見られ、警察にその場で射殺されたということです。
(参照元:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161220/k10010812961000.html)

陰謀説を除けば、先ほどの通り、私はトルコ人の男性がやったのかなーと思っています。ロシア軍戦闘機撃墜に関しては、トルコ側が譲歩をした形で終わっていますし、

国民がトルコのエルドアン大統領の対応に納得していたのかは疑問です。

それ以外の陰謀説では、ネット上ではCIAでは?という声もありますが、それはないでしょう。

日本に与える影響は?

この事件で直接的に日本が受ける大きな影響はないのかなーと思います。

FXではある程度すでに影響が出ているとニュースが報じていますし、相場がやや荒れるかもしれませんから、注意が必要だと思いますが。

これが影響して日本とロシアの関係が悪化することは無ければ良いなと思います。

まとめ

元々シリアのアサド政権を支援するロシアと反体制派を支援するトルコで関係は良くなかったところで、ロシア軍戦闘機の撃墜で関係は悪化していました。

トルコのエルドアン大統領が謝罪の文書を送ったということで関係は改善していくかと思われましたが、今回のロシア大使銃撃事件で大使が亡くなってしまい、関係は悪化の一途をたどると思います。

日本に直接的に大きな影響はないと私は思っていますが、FXなどの為替市場ではいくらかの影響がでていると一部の報道が伝えています。

チューリッヒでも同時期に銃撃事件が起きていましたのでまとめました。

チューリッヒ銃撃事件はこちら!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*