チューリッヒの銃撃場所ってどこ?犯人やロシア大使銃撃との関連は?

トルコでロシア大使が銃撃される一方でスイスではチューリッヒにあるイスラムセンターの近くで銃撃がありました。

場所がチューリッヒの駅に近い場所で起きており、ロシア大使銃撃とほぼ同時刻ということから関連があるのか気になります。

また、このチューリッヒでの銃撃事件の犯人はその後逃走したという情報がありますが、その逮捕はされていないのでしょうか?

スポンサーリンク

チューリッヒの銃撃事件の場所はここ!

事件の概要は3名の大人が道路を歩いていたところ、銃を持った人物から銃撃されけがをしたということです。詳しい情報については、警察からも発表がまだのようでわかっていません。

日本人が旅行でも訪れる場所ですし、物騒で怖いですよね。それに事件はチューリッヒのメインステーションの近くで起きたようです。

事件現場はスイスのチューリッヒのEisgasseという通りで起きたそうです。下記が地図上での位置です。赤い四角の中の線が引いてあるところが事件現場のようです。

写真で見るとこんなところです。真ん中の赤い四角で囲ってあるところが事件のあった通りと紹介されている場所です。

地図を見た限りではチューリッヒの駅から徒歩10分圏内といったところでしょうか。かなり近いところにありますね。

犯人は捕まったのか?

気になるのが犯人は捕まったのかということですね。旅行で行く時に物騒なことに巻き込まれたくないですしね。

残念ながら12月20日の5時段階では犯人が逮捕されたというニュースはありませんでした。

まだスイスの警察からも情報がでてはいないようなので、今後公式発表が出てくると思います。

現状では犯人は逃走中のようです。

トルコでのロシア大使銃撃との関連性は?

トルコでのロシア大使の銃撃事件がありましたが、その事件との関連性はあるのでしょうか?

ロシア大使銃撃事件についてはこちら!

これは公式に声明などは発表されていないので、正式にはわかっていませんが、私の予想としては関連はあるんじゃないかなと思います

あくまで私の妄想ですけどね。

理由としては、イスラムセンターの近くでの銃撃事件が起こった時間がそれほど離れていませんし、どちらもイスラムがらみということです。

チューリッヒの銃撃事件では犯人が逃走しているため、同機は全く分かっていませんが、ロシア大使銃撃事件では、「シリアとアレッポを忘れるな」といったシリアでの政権がらみの発言を犯人がしています。

こんな発言をするテロ事件とほぼ同時期にイスラムセンター近くでの銃撃がたまたまかぶる確率は低いんじゃないかと思います。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*