神山繁が肺炎で死去!出演作には踊る大捜査線の副総監など

神山繁,副総監,踊る大走査線

神山繁(こうやま しげる)さんが2017年1月3日に逝去されていたとニュースになっています。

見覚えがあるような無いような人だったのですが、調べてみると「踊る大捜査線」に出演されていたんですね。通りで見覚えがあるはずです。

出演作を見ていると、かなりたくさんの作品にずっと出演されてこられた大ベテランです。

死因過去の出演作などを画像付きで調べてみました。この機会に、また踊る大捜査線の映画をGEOで借りてきて見てみようかな。

スポンサーリンク

神山繁(こうやましげる)さんの死因は肺炎?

今回の訃報を聞いて調べるまで、この方がどんな作品に出られている方なのか恥ずかしながら知りませんでした。

死因ですが、NHKニュースによると肺炎だそうです。

去年に一度入院をして、その後は自宅の京都で療養生活を送られていたそうですが、今年2017年の1月3日に自宅で息を引き取られました。

肺炎は日本人の死因第3位

神山繁さんの死因の肺炎は日本人全体の死因の第3位という現状のようです。年間10万人以上をあやめている恐ろしき病気。

そして、この肺炎は体が衰えてくる高齢者に多い病気です。一説では9割以上が75歳の高齢者とのこと。

肺炎で亡くなる人の9割以上は75歳以上の高齢者とされ、中でも特に多いのが「誤嚥性肺炎」だ。秋津医院の秋津壽男院長の解説。
(引用元:http://www.news-postseven.com/archives/20160917_448815.html)

神山さんも87歳ということで、年には勝てなかったのでしょう。。。この肺炎という病気。9割が高齢者ということですが若者にも無縁というわけではありません。

藍井エイル(アニソン歌手)も肺炎になっていた?

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)というものがあり、食べ物が食道ではなく気道に入ってしまい、炎症を起こすものです。

この誤嚥性肺炎にかかったと言われている若者といえばアニソン歌手の「藍井エイル」さんが挙げられます。

藍井エイルさんはまだ28歳(2017年1月)という若さでありながら、誤嚥性肺炎になって2015年にライブを欠席しました。

このように若者にも無縁ではない肺炎。体の免疫力を強くするためにも日ごろの運動は欠かさずしようと思います。

皆さんも誤嚥性肺炎や肺炎にはお気を付けください。大事にならないためにも少しでも兆候があれば、病院で診察してもらうことが無難ですね。

神山繁(こうやましげる)さんの出演作は何がある?

私は恥ずかしながら知らなかったのですが、神山さんは踊る大捜査線で重要な役どころで出演されていました。

それがこちらです。
神山繁,副総監,踊る大走査線
(引用元:http://www.cinematoday.jp/page/N0045740)

赤で囲っている左が警視庁副総監(吉田敏明)役の神山繁さん。右が和久(わく)さんこと和久平八郎役のいかりや長介さん。

青島・室井コンビの先輩版。和久・吉田コンビは残念ながらどちらも亡くなってしまいましたね。

踊る大捜査線の見どころは織田裕二さん演じる青島と柳葉敏郎さん演じる室井さんの立場を超えた関係でしたが、この副総監・和久さんコンビも渋くて良かったですね~。

幹部たちは権利に目がくらんだ腐ったキャリアとして描かれることが多かったと記憶していますが、副総監は室井さんにも手を差し伸べたりとキャリアでありつつ善人として描かれていたので印象に残っているんでしょうか。

まとめ

神山繁さんが2017年の1月3日に亡くなっていたとニュースになり残念な気持ちです。

踊る大捜査線の映画での名コンビが二人とも亡くなってしまう結果となりました。

この機会に踊る大捜査線の映画をもう一回見てみようかなーと思います。「レインボーブリッジ封鎖できません!!!」や「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!」(合ってますよね...いかんせん記憶が。)といった名言をまた聞いてみたくなりました。

この機会にレンタルで先に借りられる前に近所のGEOでさっさと借りて、神山繁さんやいかりや長介さんコンビを注目して視聴しようと思います。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*