奨学金800万円の返済費用を計算してみた!悪いのは自己破産した大学生?

奨学金800万円で自己破産した大学生は真面目すぎたのか?だまされたのか?

奨学金の800万円を大学生が支払えず、親子で自己破産したという記事が朝日新聞に出ていた。

大学卒業したてで800万円も借金を背負うなんて可哀そう...そう思っていた時期が私にもありました。

よくよく調べてみると、奨学金800万円といっても月々の月額返済費用はそこまで高くありません。

しかも奨学金800万円の内、有利子の返済は576万円だそうです。

これでも確かに多額の借金であることには変わりませんが、現実は一概に大学生が可哀想とは言えませんでした。

スポンサーリンク

奨学金800万円で自己破産した親子の概要

今回の大学生が破産した報道の概要としては、大学生が4年間で800万円を奨学金として借り入れた。

彼は大学を無事卒業したが、卒業と同時に800万円の借金を背負ってしまった。

その800万円の借金を返すために、毎月の手取り20万円から4万円を拠出し続けることに限界を感じた。

結果的に自己破産をした。

という流れみたいです。

今後10年、20年と返済していくことを考えると、確かに自己破産したくなる気持ちがわかります。

金銭的な状況をもう一度整理してみます。

手取り:約20万円
年収:300万円をわずかに超える

手取りが約20万とのことなので、月収はだいたい25万円でしょう。

それが12か月分なので、約300万円。

ん?何かおかしい。

月の月収が25万円で年収が約300万円。

多少の残業があるでしょうから、計算して300万円とちょっと。

ボーナスは???

マーケティング会社ということですから、もしかすると年俸制だったのかもしれません。

だからといって、ボーナス0で300万円って...。

これは奨学金が悪かったというよりも、会社がブラックで精神やられただけなんじゃ...。

あくまで予想ですけどね。

それでも、今後20年返済するとして、20年間しっかりと会社に勤めていれば、余裕で返せると思うんですけどね。

40歳の時に最低でも年収500万円はあるでしょう。

生活切り詰めれば、40歳から返済はじめても2~3年で返済できただろうに。

だれか助言をしてあげる人はいなかったんだろうか?

気になったので、奨学金800万円を返済しながらの生活がどのようなものになるのか計算&計画してみた。

奨学金800万円の返済生活

まず報道から分かる内容として返済が毎月4万円。

給料の手取り20万円。

東京住み。

ここまでの情報で計算してみます。

まず一人暮らしにかかる生活費

家賃
食費
水道光熱費
通信費
雑費

ここに追加で4万円の返済費が上乗せされる。

それでは一つずつ計算していきましょう。

家賃

まず家賃ですが、東京ということでやっぱり高いですよね。

大阪であれば4万円で十分住める1Kがごろごろとありました。(もちろん、梅田などからは電車で30分かかる場所)

東京の平均家賃を調べてみると、軒並み7万円以上...。

高すぎ。

とはいっても、奨学金の返済が分かっているのに渋谷や新宿なんかに住めるはずがありません。

葛飾区の平均家賃6万円で計算。

食費

独り暮らしにとっては、これが大きいですよね。

住んでる場所によっては、家賃よりも食費の方が多いという人もいるかもしれません。

都心は田舎に比べて物価が高いと言いますけど、近頃はチェーン店のおかげで全国どこでも安くて手に入りますからね~。

多く見積もっても3万円というところでしょう。

正直2万円でも十分なんですが、食に楽しみが無くなってしまいますから。

水道光熱費

1万5千円もあれば十分。

私の場合は平日も土日もずっとエアコンかけ続けていた時に、水道光熱費の合計が2万円を超えたことがありますが。

仕事していれば、日中にずっとエアコンをつけることはないでしょうから、電気代が高い冬でも8千円あれば十分でしょう。

ガス代と水道代も一人暮らしだと月々3500円くらいでしょう。

通信費

格安SIMを使えば、月々5千円で十分。

iijmioの10GBプランで月額3000円。

10GBは仕事以外の時間にずーっと動画を見たりしなければ十分です。

パソコンを使う必要があれば、テザリングで使用することができます。

電話代2000円を追加したとして月々5千円あれば十分でしょう。

雑費

独り暮らしをしたことがあるひとなら分かると思いますが、意外と予期せぬ出費がかさむものなんですよね。

病院行ったり、髪切ったり。

コンタクトを使用するのであれば雑費が跳ね上がりますが、ここではもちろん眼鏡を使うとしてコンタクトは計算に入れません。

多く見積もって2万円くらいですね。

以上をまとめて計算すると...

奨学金を返しながらの東京暮らしの生活は文化的最低水準を満たしているのか?

以上の計算をまとめると、

家賃:6万円
食費:2万円
水道光熱費:1万5千円
通信費:5千円
雑費:2万円
返済費:4万円

合計:16万円

ここから手取りの20万円を引くと残るのは?

4万円

借金4万円を毎月返済したとしても、計算すると4万円を遊興費に使えますね。

もちろん社会人ですから、飲み会があるとして1万円を引いても3万円が残る。

一体彼はどのような生活を送っていたのでしょうか?

毎月飲み代含めて4万円もあれば、楽しく暮らせるだろうに。

世帯を持っているサラリーマンと同じだけの遊興費があるのに。

むしろ4万円もお小遣いをもらっていないサラリーマンの方が多いだろうに。

借金800万円の返済計画

生活費を計算してみると、そこまで意識して節約しなくても十分な生活ができていたことが分かりました。

それはさておき、ここでは奨学金800万円の返済がどれだけ大変だったのか返済計画を見てみます。

奨学金800万円のうち、576万円が有利子で、残りが無利子だったようです。

576万円の有利子の奨学金ということは、おそらくJASSO日本学生支援機構の月額12万円タイプでしょう。

大学4年間×12万円=576万円ぴったり

もしかしたらカウカウファイナンスのようなマチキンから借りていたのかもしれませんが、ここではJASSOからの奨学金と仮定します。

返還期限猶予が断られたとあるので、おそらくここで間違いないでしょう。

返済計画を見るためには、まず利率を見なくては元本がどれだけのペースで減っていくのかあがわかりません。

返済利率は約1%でした。約といっても、実際はもっと低いですから正確にはJASSOのホームページを見てください。

576万円の1年間の利子は57,600円

月々の利子が4,800円。

毎月4万円の返済で元本が毎月35,200減る。

借金の合計が800万円なので、228か月で返済が完了する。

合計19年間支払い続けることになる。

19年間は辛い。

ように思えますけど、そんなことはありません。

10年間も仕事をしていれば、最低でも400万円~450万円はいくでしょう。

そうなれば、毎月5万円くらい余裕ができますから、十分毎日楽しく過ごせます。

奨学金800万円で自己破産したのは大学生の責任?

奨学金800万円で自己破産をしてしまったというニュースが流れて、奨学金制度が悪のように語られています。

私はそんなことはないと思います。

計算したところ、たとえ家賃の高い東京で暮らしたとしても十分な生活ができます。

これが大阪であれば家賃がさらに少なくなって、むしろ裕福な暮らしが送れます。

にも関わらず、自己破産をするということは仕事がブラックで将来に絶望していたとかの別の理由があったはずです。

問題は奨学金のシステムではなく、節約生活をすることができなかったこの大学生じゃないでしょうか?

私だって今現在借金背負って毎日生きてますけど、この大学生と同じくらいの給料で毎月4万円の返済ができています。

遊興費に4万円も使えています。

問題は奨学金のことなんて考えずに無為に大学時代を過ごした大学生なんじゃ...

あくまで私の個人的な感想なんですけど。

というか周りの人も助言くらいしてあげたらよかったのに。

一つ気になるのが、これって計画倒産ならぬ計画自己破産なんじゃ。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*