石油工場の火災の原因や被害状況は?東燃ゼネラルの株価への影響は?

東燃ゼネラル石油,火災

東燃ゼネラル石油和歌山工場で2017年1月22日の16時ごろに火災が起きました。火は瞬く間に燃え広がり工場で大きな火災となっています。

22日から消火活動が続き、1日経った23日のお昼頃でも完全消火には至っていません。

去年の2016年には新潟の糸魚川でも大規模な火事が起きていました。2016年から2017年にかけての冬は大きな火事が多いですね。

今回の石油工場での火事の原因被害状況がどうなっているのか気になって調べてみました。

また、個人的に株式投資をしていることから、これで東燃ゼネラル石油株式会社の株価にどんな影響が出ているのか調べてみました。

スポンサーリンク

東燃ゼネラル石油和歌山工場の火災の原因は?

和歌山県有田氏にある東燃ゼネラル石油和歌山工場で大規模な火災が起きて23日お昼頃にも完全に消化できていません。

まずこの工場がどこにあるかですが、下記の地図の通り和歌山市から南へ10km程の海沿いに位置しています。

東燃ゼネラル石油和歌山工場

10kmだと電車であればすぐの距離ですから和歌山市内からでも事故の煙などは確認できたのではないでしょうか。

肝心な事故の原因ですが原油の生成する時に出るものを取り除く装置で出火したそうです。TBSnewsでは下記のようにあります。

火が出たのは、工場内の第2プロパン脱蝋装置という原油から潤滑油を精製する際に出るワックスを取り除く装置の近く
(引用元:http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2965396.html)

しかし、この装置でそもそもなぜ火が出て爆発に至ったのかについての詳細は23日のお昼時点では発表されていませんでした。

ここからは私の予想になりますが、その装置付近にあった電気配線からのショートや静電気による爆発なのかなーと思いました。

火災の原因では電気のショートがとても多いですし、石油の精製工場での火事ですから石油の取り扱いには厳密でしょうから、石油の取り扱いのミスが原因とは考えにくいです。

しかし、電気のショートや静電気による火花からの引火だとしても、油が露出されていることは考えにくく、どういう経路で引火・爆発したのかは公式発表を待つ必要があります。

東燃ゼネラル石油和歌山工場の被害状況は?

この大規模火災で人的被害としては、周辺に住んでいる約1300世帯に避難指示が出されて500人以上が実際に避難したことです。

実際には工場だけで火災が収まり、大爆発で周辺の家まで吹き飛ぶという事態にはなりませんでした。

23日にはJRは通常運行し、周辺では日常通りの生活に戻っているようです。

この火災によって亡くなった方がいるという情報は無いようで良かったです。

物的な被害としては、工場が一部火災したことによって、東燃ゼネラル和歌山工場の生産がストップしないにしても、少なからず生産に影響が出るかもしれません。

東燃ゼネラル石油の株価への影響は?

私がこの事件で一番気になったのは東燃ゼネラル石油株式会社の株価はどのように動くのかなーということでした。

私は株式投資初心者で、2016年は半年間で微増くらいでした。諸経費入れたらマイナスかも。

私はここの株は買っていなかったので良かったです。持っていた人は少なからず影響を受けたんじゃと思ったんですが、そこまで大きく値が動くということはありませんでした。

22日の終値が1313円で、23日の始値は1285円です。そのまま1276円まで下がりはしましたが、その後持ち直して前日比-1%を推移しています。

23日14時時点でも約ー1%です。

この値動きを見ると、少しは事故の影響が出ているようですが株価への影響は軽微という株主の見方が反映されているようです。

株の素人としては、すぐにでも売って逃げたいと思うのですが何か買い支える要因があるんでしょうか?

12月にJXホールディングスとの経営統合承認のIRが出てますけど、今回の事件での損失は少なくないと思うのでもう少し下がりそうだと思うんですけど。株式投資は難しい...

まとめ

和歌山県有田市で起きた東燃ゼネラル石油の和歌山工場での火災は23日のお昼時点でも完全な消火には至っていません。

23日中には消火完了になるのでしょうが、少し前にも火災を起こしており徹底的な原因追及がなされることでしょう。

被害としては人と物でおおきな被害は見当たらず、糸魚川での大火事に比べればましなのかなと思います。(工場はもちろん大ダメージだと思います)

この火災の影響で株価がストップ安までいくのかと思いましたが、14時時点で-1%と微減程度で収まっています。

しかし、今後の報道や公式発表次第では株価が大きく変動する恐れもありますから注意が必要です。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*