ぺふぺふ病は病気ではないのか?清水富美加が症状を告白?

清水富美加

清水富美加さんが芸能界から引退して出家するというニュースが話題になっていましたが、新しい面白い情報が出てきました。

なんと清水富美加さんはぺふぺふ病なる心の病に侵されていたそうなんです!

一体、このぺふぺふ病って何なんでしょうか?本当の病なのか、自称なのか調べてみました。

また、気になるぺふぺふ病の症状なども気になったので探してみました。

スポンサーリンク

清水富美加のぺふぺふ病は病気ではない

まず、気になるのが「ぺふぺふ病」って本当の病気なのかってところですね。

結論から言うと、これは清水富美加さん特有の病気だと思います。

清水富美加さんの語ったぺふぺふ病の症状に、合致する現代人は多いですよーという内容が誤解されたのかと思います。

以下に、病気辞典で検索した結果を載せます。
ぺふぺふ病

カタカナで検索しても結果は一緒でした。また、病気でも別名で呼ばれることはあるものでう。だから、一見病名に聞こえない「もやもや病」で検索してみました。

すると、もやもや病ではしっかりと検索結果が出てきます。

また、日刊スポーツの記事でもこのように記載されています。

「ふみかふみ」は、「切なさ」などいくつかのテーマごとに文章が収められており、終盤に「ぺふぺふ病」という項目があった。清水の感性から出た“病名”とみられる。同書ではぺふぺふ病について、独特の言葉で説明している。
(引用元:日刊スポーツ)

清水さんの感性からでたものみたいですね。

もしかすると、心の病って照明って難しいと思いますから、ゆとり世代特有の鬱のように病気が先行して、本当に認定されることがあるかもしれませんね。

ぺふぺふ病はさておき、そのぺふぺふ病がほかの精神的な病気の症状だったということは考えられるかもしれません。

ぺふぺふ病の症状とは

ぺふぺふ病という病気があるとして、それってどのような症状なんでしょうか?

清水富美加さんがおっしゃるんには、端的にまとめると「ぺふぺふしているような状況」だそうです...

わかりません。

調べた限りでまとめると、無気力感をずっと味わっている状態になってしまう病のようです。

これって軽度の鬱なのでは?と思ったんですけど。

うつ病の症状として、

  • やる気が無くなる
  • 集中力が散漫になる
  • 憂鬱な気分になる
  • 倦怠感がある

清水富美加さん曰く、「やる気が感じられず生きている感じがしない。」ということなので、本当に軽度の鬱にかかってしまっていたのではと疑ってしまいます。

心が弱っているときには、正常な判断もできませんよね。

今後の清水富美加さんの活動は?

今後の清水富美加さんは、出家して幸福の科学で千眼美子として活動していかれるようですね。

世間では評判のよくない幸福の科学ですが、たとえそれが新興宗教だろうが仏教だろうが、宗教の自由がありますし、他人がとやかく言うところではないような気がします。

今回問題なのは、宗教というよりも仕事を中途半端な状態にしてやめてしまったことでしょう。

東京グールとか大好きで最初からずっと見ているんですけど、トーカ役ってめちゃくちゃ当たりだったのに。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*