友弘修司というボディビルダーの成績や虐待の理由について

友弘修司

友弘修司というそれなりに結果を残しているボディビルダーが脳まで筋肉に支配された挙句、男児に暴行を加えて逮捕されました。

私も最近筋トレを始めてクレアチンやHMBを飲み始めていただけに、筋肉をつけすぎるとこうなりかねないという恐怖が芽生えました。

筋トレすると、確かにポジティブ思考になることは体感しています。落ち込んでいた時でも筋トレしてパンプアップさせれば、なぜか気分が上がります。

ボディビルダーになるためには肉体を酷使し続けて、自分を律することを継続する必要があります。

その自分を律する心がフィジーカーとして上を目指すには足りなかったのかなーと思ってしまいます。

スポンサーリンク

友弘修司のボディビルの経歴や成績

気になったので友弘修司さんの事件はさておき、フィジーカーとしての経歴成績を調べてみました。

私は知らなかったのですが、ある程度の成績を残している方だったようです。このままトレーニングをしていればもっと上を目指せていたかもしれないのに残念です。

2016年ツアーポイントランキング12位!

一般的にボディビルと言われるものには、団体や種目があります。

その中で「NPCJ」という団体の2016年ツアーランキングが公開されており、そこで友弘修司さんは12位という成績を残しています。

ちなみにNPCJは2015年にできた新しい団体です。一般社団法人NPCJ。

詳細なルールは下記にリンクを貼っておきますが、簡潔に説明すると、1年間を通して開催されるフィジークの大会で残した成績に応じてポイントを獲得できます。

そのポイントで1年間を通して競い合うというようなものです。

参加人数がすべて公開されているわけではありませんが、一回の大会ではなく何回かの大会に出場して結果を残さないと上には行けないでしょうから、12位という結果は良い方なんだと思います。

FACEBOOKでは20位まで順位が公開されています。

NPCJ
ツアーのルールについてはこちら!

NPCJ GRAND PRIX SERIES BLAZE OPEN 6位の動画

友弘さんは2016年の「NPCJ GRAND PRIX SERIES BLAZE OPEN」という大会のメンズフィジーク175cm超級という種目で6位に輝いています。

その時の動画を下記にご紹介します。

1分くらいからでてくる最初の人が、友弘修司さんです。遠目に見るとすごいイケメンに見えます(笑)

金子賢さんには及びませんでしたが、これだけのマッチョそろい踏みの大会で6位は凄いです!

虐待の理由は?

これだけの成績を残しているだけに、残念でなりません。

事件の概要は、友弘さんが元交際相手の女性の双子の子供に暴行を加えてけがを負わせたとのことです。

また、一部ニュースでは性根を叩き直すためにしごいていたという情報もあります。

詳細が友弘さんからは語られていませんが、しごきは自分の筋肉にだけにしてほしかったです。

もしかすると、肉体は強くても精神的に弱い部分があったのかもしれません。

まとめ

NPCJという団体のフィジークの大会で6位という成績やツアーで12位という成績を残していた友弘修司さん。

子供の性根を叩き直すために、暴行を加えたと言われていますが実際のところは銅なんでしょうね。

小学生でも生意気な子供がいることは確かですからね。

ただ相手は子供ですからね。おそらくはダンベルベンチプレスの片手分の重量しかないだろう子供に対して本気にならなくても良かったのでは?

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. broadal より:

    ボディビルダーではなくフィジーカーですよ。
    ボディビルとフィジークは全くの別競技です

    1. broadal より:

      ご指摘ありがとうございます。
      一部修正させていただきました。

  2. まー より:

    ゴミにはかわりありませんねこの男は

    1. broadal より:

      コメントありがとうございます。

      だからといって、筋トレ=悪ではありませんからね!
      筋肉を鍛えている人は割と両極端に分かれる印象です。
      このように攻撃的か、すごく穏やかか。
      もっと自分の肉体に対して攻撃的になってほしかったですね。

      しかし、これほどの肉体を磨き上げることに関しては凄いと思いますよ。

コメントを残す

*