川崎がカブス解雇の理由は年齢?今後は日本復帰が高い?

川崎,解雇

メジャーリーグのシカゴカブスがマイナー契約の川崎を解雇したことが分かりました。

3月26日には試合に出場して、しっかりと成績を残していただけにかなりびっくりしています。

しかし、解雇されたからには何か理由があるわけですよね。

カブスが川崎放出を決定したことはもう仕方がないですが、今後は川崎が日本球界に復帰はあり得るのでしょうか?

私は日本球界復帰するんじゃないかと思います。

スポンサーリンク

川崎がカブス解雇の理由は年齢や実力か?

川崎がカブスから解雇された理由は二つ考えられます。

  • 年齢による解雇
  • 実績による解雇

以上の二つを詳しく見ていきたいと思います。

年齢による解雇

私はこの線は薄いと思います。

川崎の年齢は35歳です。日本球界の記録ですが、戦力外通告や現役引退選手の平均年齢は約30歳です。

川崎は年齢だけをみれば、戦力外となってもおかしくない年齢でした。

とはいっても、イチローなんて40超えているのにまだまだメジャーで現役として活躍していますから、年齢の理由は考えにくいです。

ちなみにカブスと6億円で契約したもう一人の日本人「上原」も41歳と川崎より年上です。

実績による解雇

川崎のキャラが話題になって人気者のように報道されることが多かったですが、そういえば実績ってどうなのでしょうか?

調べてみると、結果はあまり良くなかったことが分かります。以下がアメリカでのプレーの打率推移です。

  • 2012年:.192
  • 2013年:.229
  • 2014年:.258
  • 2015年:.214
  • 2016年:.333
  • (参考:川崎通算成績)

以上のように3割越えができていたのは、2016年のみです。

打率だけ見ると2016年に花が開いたように見えますが、実態は出場試合数を見ると14試合にしか出場していません。

逆に多く出場した2013年には.229です。96試合に出場しての結果。

打率だけが実力ではありませんが、打率だけだと大きな実績を残せていなかったのではないかと思います。

その結果、若手選手とのトレードオフで今回の解雇に繋がったと私は予想します。

川崎がカブス解雇までの流れ

川崎が解雇になるまでのここ数日の一部始終をニュースを元にまとめてみました。

  • 3月26日:対サンディエゴ・パドス戦に出場し、3打数1安打
  • 3月28日:監督やGMに呼び出される。出場予定の試合に不出場
  • 同日  :川崎「皆さんに良い知らせができるでしょう」
  • 解雇

ここ数日の流れとしては、私が調べた限りでは上記の流れの様です。急に呼び出されて知らされたようですね。

しかし、急に試合に出ない程の決断ってそれほど急ぎの理由があったのでしょうか?解雇するにしても、こんな急に言うのがメジャー流なんでしょうか?

今後は日本球界に復帰もありえるか?

私は川崎がこれで引退はしないと思います。メジャーリーグでは十分な結果が残せていませんでした。

しかし、日本でとなると別です。年齢はハンデになりますが、その強烈なキャラと成績(日本通算約3割バッター)で、まだまだ活躍の道があります。

ぜひとも、ソフトバンクに復帰してプレーしてほしいなーと思います。契約や時期の関係もありますから、難しいでしょうけどね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*