てるみくらぶの内定者支援まとめ!周りは焦らしすぎでは?

てるみくらぶ,破産

てるみくらぶの破産騒動から数日経過しました。

一時はツアー客の返金騒動が大きく報道されていましたが、時間がたって今はてるみくらぶの内定者についての支援が大きくニュースになっています。

てるみくらぶは経営が危ないことはわかっていたのだから、新卒採用はストップするべきでしたよね。

いくつか支援を申し出ている会社が出ていたので、一通りまとめてみました。

こういうときは焦らずに誰かに相談しながら、ゆっくり決めるのがベストです。

スポンサーリンク

てるみくらぶ内定者支援まとめ

3月29日時点で内定者支援を申し出ている団体は4団体でした。

内容は、無条件での雇用受け入れだったり就職支援です。

以下にまとめておきます。

ハローワーク

まず、今回の事態を重く見た厚労省がハローワークに特別窓口を設置して、積極的にてるみくらぶ内定者支援に乗り出しています。

とはいっても、ほかの団体と違って、別の就職先探しのサポートをするだけです。

すでにお金がかつかつの人にとっては、良くない選択に思えますが、求職者支援制度があります。

求職中だが仕事が見つからない人の支援ですから、それが使えないか相談してみるのも手です。

もし、求職者支援制度を使えるとなれば、10万円/月の支援金が出ます。

アディーレ法律事務所

少し前から名前を良く聞くようになったアディーレ法律事務所も内定者受け入れを表明しています。

事務職として無条件で雇用するようです。

詳細はこちらのページ!

債務整理で良く聞く法律事務所ですから、てるみくらぶのようにすぐつぶれることは無さそうですね。

ただ、入社を選ぶ際には「会社の評判」とかで情報を得てからが良いかもしれません。

宿泊施設活性化機構(JALF)

ここは株式会社ではなく財団法人です。

この会社についてはこちらでまとめています。

会社の評判などで口コミを調べようにも見つかりませんでした。

株式会社JSS

あまりニュースには取り上げられていませんでしたが、この会社もほぼ無条件で受け入れを表明しています。

この会社の取締役がツイッターで表明。

警備の会社みたいです。

新卒採用情報や条件はこちら!

入社を決定する際には、会社の業務内容と本当に自分がやりたいことを照らし合わせてみると良いですね。

業務内容を知りたければ、会社ホームページとか「会社の評判」とか使えます。

てるみくらぶ内定者は焦ら無い方がいい

てるみくらぶ破産騒動で約50人と言われる内定者が露頭に迷う結果となっており、それに対する支援の声が上がっています。

てるみくらぶの内定者は新卒切符で外れを引いてしまった結果ですね。

数社が無条件で受け入れを表明しており、内定者としてはチャンスだと思います。

しかし、私個人の感想としては、周りが少し焦らせすぎじゃないかと思います。

急に内定辞退になって、金銭的に生活ができなくなって不安になる人がいるでしょう。

そんななかで3月末までならとか4月2日までならとか短い時間で結論を出させるのはかわいそうに感じます。

こんな状況では、まともな思考なんてできませんよ。そんな、なぁなぁで就職した会社で長く勤められるとは到底思えません。

旅行業界と警備とかコミュニケーション云々とか法律事務所とかって全く別業界ですしね。

もう新卒切符は使えませんから、そこは割り切って求職者訓練とかを受けながら希望の業種に就職活動をするのが長期的に考えた時に良いんじゃないかと私は思います。

私が受け入れ先から選ぶとすれば、アディーレ法律事務所一択ですね。経営安定。給与安定。事務職。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*