魚コードがフライングタイガーにパクられた?明和電機が再販!

魚コード,明和電機

ツイッターのトレンドワードでフライングタイガーが入っており、なにか新商品がヒットしたのかと思ったんですけど、何やら不穏な文字が。

パクリ

ツイートを見ていると、フライングタイガーの販売した商品が明和電機の販売した商品と酷似しており、パクリだと話題になっています。

そして、それを知った明和電機はなんとフライングタイガーのパクリ商品を購入して、パッケージを変えて販売(笑)

なかなか面白いことしますね。それらの一部始終をまとめてみました。

スポンサーリンク

魚コードって何?

魚コードっていう商品が、恥ずかしながら私は全く知りませんでした。

こちらが第一弾の魚コード(電源の延長ケーブル)


(引用元:明和電機)

こちらが魚コード(USBケーブル)


(引用元:明和電機)

明和電機が制作している商品になります。

明和電機は他にも独特な感性の商品を多数販売されています。

手ぬぐいとか方眼紙まで、中にはTシャツもあります!

最初は名前からして電気機器の販売業者かと思ったのですが、違いました(笑)

芸術系の商品の開発をしているのだそうです。ややこしい。

フライングタイガーがパクリ!

明和電機の開発した魚コードがフライングタイガーによってパクられたと言われています。

そのフライングタイガー製の魚コードがこちら!

堂々とズラーっと並んでます(笑)

明和電機の魚コードはandroid用でしたが、フライングタイガーの魚コードはiphone用

騒動はこれだけで終わらなかった!

なんと、

明和電機社長が在庫をすべて買い取り、それらを本物の魚コードのパッケージにして明和電機オンラインサイトで販売。

こちらから購入可能。

お値段はandroid用もiphone用も同じ2700円です。

フライングタイガーで買うと200円です...

お高いと思うかもしれません。しかし、iphone用にはプレミア価値が付きます!

明和電機のサイン入り

  • 2700円フライングタイガー魚コード+明和電機のサイン
  • 200円フライングタイガーの魚コード
  • 2700円200円明和電機のサイン

特許とか意匠権とかどうなんでしょう?

これって問題にならないんですかね。

明和電機のツイッターでおそらく中国の工場が同じ金型を使った製品を量産して、それをフライングタイガーが知らずに作ったと予想されています。

さっすが、中国流。パクリはいつまでたっても中国の十八番ですからね。

今回の場合はフライングタイガーも被害者だったということですね。

中国で生産を依頼するというのはこういうリスクも付きまとうものなのか。

今後は中国も賃金が上がって、生産は他の東南アジアに移ると言われていますが、そのほかの東南アジアではこういうことは起こらないことをいのります。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*