杉本球審で阪神対広島が泥試合に?28四死球の日本新記録!

4月1日に行われたマツダスタジアムでの阪神対広島戦で驚異の記録が生まれました。

1試合で28四死球という日本新記録です。

延長10回までの試合ですから、1回に約3個の四死球が出たことになります。

今どき中学校の野球でも四死球はこんなに出ませんよ。

甲子園を見ていても、これだけの四死球は珍しいと思います。

そんな四死球が多く出た理由としては、審判のせいだという声もありまとめてみました。

スポンサーリンク

阪神対広島で28四死球の日本新記録樹立!

4月1日のマツダスタジアムの阪神対広島戦。

最終的には延長10回で広島が逆転勝ちしました。スコアは

広島9-8阪神

でした。

この点差だけを見ると、「なんだ、乱打戦だったのか」と誤解するかもしれません。

しかし、試合の内容は、試合途中でツイッターでは馬鹿試合がトレンド入りするほどのひどい有様でした。

ラジオの解説もあきれるほどの試合で、プロとしては信じられない1試合で

27四球+1死球

でした。

どっちが崩れすぎたということはなく、両チーム投手陣がほぼ同数の四死球を出しています。

これに対してはネットの声もひどく荒れています。

  • アマチュアの試合かと思った。
  • プロでこの結果はひどい。
  • 今日の春の甲子園決勝を見習え!

こんな声以外に、こんなものも。

  • 今日の試合は杉本球審が悪い。ストライクゾーン狭すぎ。

選手ではなく、審判への批判も噴出しました。

そうなんです。今日の主審はややストライク判定が厳しかったんです。

杉本球審が悪かったと批判も

杉本球審がストライクゾーンが狭すぎたことで、本来ならストライクと言われてもおかしくないところがボールになり、こんなに四死球が出たんだ!という主張です。

実際にいくつもある疑惑の判定を見ていたのですが、確かにきわどくて多分ストライクだろーなと思う球がボールと宣言されていました。

特に可哀想だったのが、藤川球児の押し出しの最後のボールも完全にボールというよりはストライクでもおかしくないところでした。

藤川は他にも四死球を出していることがあり、擁護はできませんけどね。

この杉本球審は過去にも疑惑の判定を何度もしていたことがある人みたいですね。

過去の誤審動画

誤審判定の多い審判なんて不名誉な形でまとめられていました。

私は審判に対して興味は無いので知らなかったのですが、

  • 20年近いキャリア

を持っているベテランの審判でした。過去にオールスターゲームでの審判経験もあります。

感想

ネット上では杉本球審が悪かったと言われてますけど、100%審判が悪かったというわけではないと思います。

中学生や高校生でもこの審判はインコースが広いとかアウトコースが狭いとか考えて調整しろって言われます。

まして、プロの選手たちですからそこら辺を調整するくらいはできるはずです。

だから100%審判のせいでこの泥仕合になったというのは問題です。

しかし、いつもの感覚で投げているのにボール判定を連発されたら、ピッチャーだって調子狂いますよ。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*