加川良の死因は急性白血病?フォークソング歌手として活躍!

フォークソング歌手の加川良さんが急性白血病で4月5日の午前中にお亡くなりになりました。

ツイッターではこのニュースに対しての追悼ツイートが多く広がっています。

世代としては吉田拓郎さんと同世代で活躍したフォークソング歌手。

過去の曲や死因となった急性白血病についてまとめました。

スポンサーリンク

加川良さんが急性白血病で逝去

恥ずかしながら、私は加川良さんを存じていなかったのですが、この「教訓 I」という歌を聴いて、今でも人気になるのではと思いました。

御国=会社と捉えたら新入社員にこそ聞いてい欲しい。

そんな名曲を生み出した加川良さんの訃報がfacebookで伝えられました。

2016年から入院されていましたが、症状が悪化して4月5日に逝去されたとのこと。

加川良さんのプロフィール

加川良さんのプロフィールがこちら。

  • 芸名:加川良
  • 本名:小斎喜弘
  • 職業:フォークソング歌手
  • 誕生日:11月21日
  • 年齢:69歳没

学生時代から音楽活動をされて活躍し、卒業後には就職をしたが、その後音楽活動でデビューされます。

デビュー曲は「教訓I」

ツイッターでの評判ではこの曲が思い出に残っている方が多い。

他には「東京」

などがyoutubeにありました。

急性白血病とは

加川良さんの死因となった急性白血病はどのような病気なのでしょうか?

よく白血病は原爆被害で話題になっていますが、原因はそれだけではありません。

白血病は明確にわかっている原因は、ほとんどわからないそうです。

急性白血病を直す技術は、徐々に開発されてきている状態だが、すべての急性白血病患者を救えるわけではない。

加川良さんの場合は、ご年齢も69歳とご高齢でしたから、体の免疫力という点で弱かったのではないでしょうか。

画像を見る限りでは、喫煙をされていたようですので、それも少しは悪さをしたのかもしれません。

若者がまったく無縁というわけではないというのが怖い。

中山美保さんに続き訃報

吉本新喜劇の中山美保さんの訃報後すぐに加川良さんもお亡くなりになっています。

中山美保さんは2017年の2月には亡くなっていたそうです。

4月の新しい年度が始まる季節に入り、入社式のニュースが続々と流れ、懲役40年にようこそなんて言葉がトレンドになる状況。

そんな人たちには、加川良さんの「教訓I」を聞いていただいて、嫌だったらブラックだったら辞めたらいいと考えてほしい。

戦争と会社だと重みは違うかもしれませんが、一個人にとっての重みでは変わりません。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*