うさぎ跳び強要で謹慎の八頭高校野球部監督は誰?うさぎ跳びって体罰?

PL学園が野球部を高野連から辞退した次にでてきた高校野球で変わったニュースがありました。

うさぎ跳びを生徒に強要して、監督が2年間の謹慎処分になったというのです。

うさぎ跳びが今では非効率だし怪我をするということは良く言われていますが、だからといってうさぎ跳びを強要したら謹慎って...

一体どんなことがあってうさぎ跳びで2年間の謹慎になったのでしょうか?

スポンサーリンク

八頭高校で2年間謹慎になった監督って誰?

NHK newsによると、4月14日に開かれた学生野球協会で謹慎が決まったそうです。

日本学生野球協会は14日、都内で審査室会議を開き、高校と大学合わせて7件の処分を決めました。
(引用元:http://www3.nhk.or.jp/news/)

処分が決まったのは鳥取県立高校の野球部監督

小山弘

さんだと思われます。

まだ名前は出てきていないのですが、処分された監督の年齢と小山監督の年齢が一致しているのでおそらく小山監督です。

小山監督は2014年から八頭高校の野球部監督に就任しています。

前任は徳永監督で30年間勤めていました。しかし、2014年の11月に退任されています。

徳永監督の下では八頭高校は8回の甲子園出場を果たしています。

春夏合わせて約60回のチャンスのうち、8回ですから、だいたい5年に1度は甲子園に出場している計算です。

そんな偉大な監督からチームを引き継いだ若い38歳の小山監督は、罰として部員にうさぎ跳びを3時間以上させたとして2年間の謹慎になりました。

うさぎ跳びって懲罰になるの?

うさぎ跳びが体罰に当たるとして、2年間の謹慎処分になったのですが、うさぎ跳びってそもそも体罰なんでしょうか?

身体を酷使させるという意味では、ランニングや素振り1000回とかと同じペナルティの類だと思います。

罰としてのランニングやベーランは定番ですよね。

身体を酷使させるという点では共通なのに、なぜうさぎ跳びだけダメなのか?

それは、おそらくうさぎ跳びが危険だと最近はみなされるようになってきたからみたいです。

うさぎ跳びの効果と危険性について

うさぎ跳びは10回や100回程度であれば、そこまで負担にはならないでしょうが、3時間連続でとなると膝への負担が大きいとの見方が現在の主流。

うさぎ跳びは危険だという意見が多い中で、それを3時間もさせたことが体罰とみなされた結果の謹慎なんですね。

うさぎ跳びを子供が長時間することによって、膝や足の骨折や半月板損傷、靭帯損傷を起こす可能性があり、

そのリスクを許容するだけの効果はうさぎ跳びには内容です。

最近では、ダンベルやバーベル、マシン器具を用いて筋力トレーニングが効率的に行えますから、わざわざ非効率でリスクの高いうさぎ跳びは危険でしかないんですね。

今回のうさぎ跳びが15分や100回程度であれば、それはトレーニングとしてうけとめられていたでしょうが、

3時間という異常な長さを何度もさせたということですから、これは体罰だと言われても仕方がないのかもしれません。

しかし、いくらなんでも前歴があるからといって2年の謹慎は長いですし、この時期に謹慎になったら、今年の夏の甲子園はどうしろっていうんですか?

部長やコーチも謹慎になっていますし、このままいくと八頭高校は夏の甲子園は絶望的では?

それでも、これをばねにして甲子園出場したら、テレビでも取り上げられて注目度が高くなることは間違いなし。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 小山 弘(97大阪体育大) より:

    またやらかしたのか小山 弘(97大阪体育大)

    懲戒処分:八頭高野球部顧問、体罰で停職--県教委 /鳥取
    毎日新聞 2011年10月25日(火)15時27分配信

     県教委は24日、部員に体罰を行ったとして八頭高校の硬式野球部顧問(32=男性教諭)を停職1カ月にするなど、3件4人の懲戒処分を発表した。
     顧問は、7月4日にユニホームなどの片付けが不十分だったとして部員12人の頬を平手打ちし、うち1人の生徒に難聴と耳鳴りの後遺症を負わせた。また着任した今年4月から3カ月間で、練習中にミスした部員らの頭を複数回、たたくなどしたという。8月末に顧問から外されている。

  2. 小山 弘(97大阪体育大) より:

    小山弘教諭(平成9年卒八頭高野球部OB・平成8年夏甲子園出場)

コメントを残す

*