下鴨神社に液体を撒いた犯人は明治神宮と同一人物の韓国系中国人?

明治神宮に油のようなものを撒いたとして指名手配されている韓国系中国人の二人が下鴨神社でも液体を撒いてた可能性がでてきました。

明治神宮の事件では犯人の名前と国籍まで公表されていましたが、犯人はすでに出国しているということ。

下鴨神社の防犯カメラに不審な女性が2人写っていたというのです。動画が公開されていないか探ってみました。

スポンサーリンク

下鴨神社の液体を撒いた犯人も韓国系中国人?

明治神宮での液体を撒いた犯人についてはこちら!

明治神宮の事件で指名手配されていたのは中国国籍のこのおばちゃん二人。

  • 朴今玉(49)
  • 朴善愛(49)

ほんと50歳間近になって何しているんだか、この人たちは。

ちなみに朴という名字や韓国系中国人については最後にまとめます。

この二人が下鴨神社でも油を撒いた犯人と考えられる証拠が挙がってきたようです。

NHK newsによると、

周辺の防犯カメラに不審な動きをする2人組の女が写っていたことが捜査関係者への取材でわかりました。
(引用元:http://www3.nhk.or.jp/news/)

警察は、同じ2人が下鴨神社の事件にも関わった疑いがあると見て調べています。
(引用元:http://www3.nhk.or.jp/news/)

また、明治神宮で油を撒いた以前に大阪にも滞在していたことが明らかになっている。

これはほぼ確実に明治神宮で油を撒いた犯人と下鴨神社で油を撒いた犯人は同一と言えるのではないでしょうか。

防犯カメラにも写っているということですから、警察側は確実に証拠をつかんでいるのでしょう。

防犯カメラの動画はある?

犯人である韓国系中国人の犯行が移った下鴨神社の防犯カメラの動画が公開されていないか探してみました。

防犯カメラの動画についてはまだ公開されていませんでした。

今後はテレビで公開があるかもしれませんから、防犯カメラの映像が公開されたら追記します。

下鴨神社の液体に関するニュース

上記のリンクから下鴨神社の液体に関する動画を見ることが出来ます。

韓国系中国人って何?

韓国系中国人という表現って聞きなれませんよね。

私も、この事件で朴容疑者2人が出てくるまでこんな単語があるなんて全く知りませんでした。

いわゆる中国国内にいる漢族ではない朝鮮族と呼ばれる中国国内の少数民族を漢族と区別するために、韓国系中国人など呼ぶそうです。

韓国の吉林省出身の中国人おばちゃん二人が今回の油撒き騒動の犯人でした。

吉林省には、朝鮮民族の自治州が存在しています。

その場所では他の中国の省と比べて、朝鮮族の割合が多いです。

吉林省には朝鮮族の自治州以外にもありますから、100%ここの出身とは断言できませんが可能性は高いです。

また、朴という名字が朝鮮族の苗字だという主張がツイッター上で広がっていました。このことに関して、私は専門家ではないので分かりませんが、

確かに朴という名字を見ると、大統領など韓国人をイメージします。

韓国人や中国人全員が悪いというわけではないのに、こういう一部の人が嫌がらせをするだけで、その国に対するイメージが悪化しますから本当やめてほしいものです。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*