PawooがBANでインスタンス(サーバ)隔離の理由やまとめ!

2017年の4月に入って、日本人が運営しているインスタンス(サーバ)がでてきて、日本で一気に盛り上がりを見せてきたマストドン。

マストドンは気軽なツイッターのようなもので、新しいSNSとして多くの人がアカウントを作っています。

今後はツイッターの代替になることはないでしょうが、インスタグラムのように普及を見せる可能性も無くはない。

そのマストドンの一つのインスタンスのPawooが海外のインスタンスからBANされたという情報をまとめました。

もし間違いがありましたら、教えていただけると幸いです。

スポンサーリンク

Pawooがあるマストドンって何?

まず概要ですが、マストドンとはツイッターのオープンソース版のようなものです。

ツイッターはアメリカのツイッター社が運営しているSNSです。ツイッターはほとんどの人が知っていると思います。

しかし、マストドンは使ったことも聞いたこともないはず。

マストドンは、一つの会社が運営しているわけではありません。

マストドンを運営するためのソフトウェア(実態はソースコード)が誰にでも配布されていて、誰でもマストドンのインスタンス(サーバのようなもの)を立てることができます。

日本ではやり始めたのは、日本人がインスタンスを立てたからだと思います。

日本で一番流行っているインスタンスは2017年4月時点では、「mstdn.jp」です。

それ以外にもある日本人の立てたインスタンスとして、pixivが立てた「pawoo.net」があります。

マストドンとツイッターの違い

マストドンとツイッターの違いについて現状私が分かっていることをまとめます。

  • 運営が一人か大勢か
  • ツイッターはアメリカのツイッター者が運営しています。

    マストドンは大勢の個人や法人が運営しています。サーバさえあれば、マストドンのインスタンスを作ることが出来て、マストドンを運営することが出来ます。

  • 用語の違い
  • ツイッターの用語は、「ツイート」「リツイート」といった用語があります。

    それに対して、マストドンではツイートを「トゥート」といい、リツイートのことを「ブースト」と言います。

  • 文字制限の違い
  • ツイッターの1ツイートの制限文字数は140文字。

    マストドンの1トゥートの制限文字数は500文字。

  • 公開範囲設定
  • ツイッターはアカウント毎に公開範囲を制限できる。

    マストドンはトゥート毎に公開範囲を制限できる。

ツイッターとマストドンを比較すると、マストドンの方がより自由度の高いSNSという印象があります。

Pawooが隔離ってなんで?

Pixivが運営するPawoo.netが一時的にトレンド入りしていたので、なぜかと思ったのですが、なんとほかのインスタンスからBANされて隔離されたというもの。

マストドンは個人や法人が運営しているインスタンスが、ほかの個人や法人が運営しているインスタンスとつながっている仕組みです。

そこがインスタンスがBANとなっている主な原因になります。

Pawoo.netでは18禁の絵が多数投稿されているというのです。

インスタンス同士はゆるくつながっていますから、18禁の絵が厳しく取り締まられている国では都合が良くないです。

だから、そんな厳しい取り締まりのある国で運営されているインスタンスからPawoo.netがBANをされている状況。

pawoo.netは今後も方針は変えなさそうですから、より隔離されて独特の雰囲気が楽しめる(笑)ようになるかもしれません。

それはそれで、時代の潮流に乗っているので良いと感じますけどね。

pawoo.netに登録してみたのですが、なかなかひどいです(笑)普通の二次絵もあるんですけど、ダメなのもあります。

しかし、18禁の絵は不適切なコンテンツとして、クリックしないと表示されないようになっていました。

Pawooは今後も隔離して継続?

Pawoo.netは一部の海外インスタンスから隔離されているみたいですが、たとえ他のすべてのインスタンスから隔離されたとしてもpixivが運営をやめない限りは続くと思います。

今後もPawoo.netがほかのインスタンスからBANされ続けると、Pawoo.netがより特徴的なインスタンスとなっていくと予想できます。

BANされたのはアダルト系の内容が多くトゥートされたからみたいですが、今後はそのようなトゥートが多く投稿されるインスタンスになるのかも。

それが周知されれば、pawoo.netはそういうことが好きな人が登録するインスタンスとなっていくでしょう。

今後はサーバが増設されるということなので、より安定した通信ができることになる予定。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*