飲み放題禁止の法案が制定されるかも?絶対反対!飲ませろ!

ニュースを見ていて驚くような記事が出ていました。

今後アルコール規制が日本でも採用されるかも?という内容の記事だった。

毎晩の晩酌を最近の楽しみにしている私にとってはアルコールが規制されたり、値上げされるのには断固として反対。

一体、どういう理由でそうなっているのかや現状について調べてみた。とにかく反対。

スポンサーリンク

酒の飲み放題禁止法案ってどういうこと?

ツイッターのトレンドワードにも入っていて、一体どういう意味なのかと焦った。

これはすぐに、居酒屋などでのお酒の飲み放題禁止の法律ができたというものではなかった。

少し安心した。

記事を要約すると、

煙草を規制してきて次は「お酒」を規制していこうという動きがあるらしい。

喫煙に関しては、本当に少しの受動喫煙で健康を害するのかは疑わしいが、周りの人に迷惑をかけるのであれば規制されて仕方がない面もある。

しかし、お酒は飲んで酔っ払って自分が気持ち悪くなるだけではないか?

飲んでリバースを繰り返して倒れる馬鹿者がいないでもないが。あと、深夜の電車でのリバースは本当やめてほしい。

でも、それで受動喫煙のように健康を害するかというとそれは無いと思う。(あくまで私の感想。)

一体なぜこんな流れに

世界がアルコール規制に動いているから日本も歩調を合わせよう!ということらしい。

なんであわせなきゃならんの?

受動喫煙は避けられなくても、酒は飲みたくなけりゃ飲まなければいい。(パワハラ除く)

世界ではアルコールが健康に害するからという理由でアルコールを制限しているということ。

確かに一理ある。

酒で体壊す人は絶対にいるし、それで病院に行って保険を使って3割だけ自分で払って国に7割を払わせ続けることで、結局国民が呑兵衛を養っているという状況もあるかもしれない。

実際にお酒に中毒症状を持つ人もいるし、飲みすぎで亡くなる大学生もいる。

だからといって、なんで世界基準に合わせる必要がある?

そもそも世界はどんなアルコール規制をしているの?

酒規制の各国の取り組みって何?

記事上では、下記の例が挙げられていたが、どの国での規制か書かれていない。

  • 酒の安売り禁止
  • 一体、どこの国?探しても見つからなかった。

  • 飲食店での飲み放題禁止
  • 意味が分からない。飲み放題だからこそ2時間だけ飲んで終わることが出来るのに。

    飲み放題禁止にされたら、時間制限もなくなって、より時間をかけてより多くの酒を消費することになりかねない。

    あと、飲み放題食べ放題にしないとお金の計算が面倒。幹事がどれだけ大変になることか!

  • 酒類の広告規制
  • 酒類の広告規制は十分わかる。これは健康対策というよりも、子供が羨ましがって飲まないようにするため。

    成長期の身体にビールで酩酊状態は、証拠はないけれども良くないとは感覚的に理解できる。

    例えば、漫画やアニメで大人気の「ワンピース」のアニメ放送では、確かアメリカ版ではサンジやスモーカーのタバコはチュッパチャプスに変更されていた。

    アニメの内容変更はさておき、広告規制は妥当だと思うし、日本でもぜひやってもらいたい。

酒の規制には反対!呑みたい!

とにかく酒は飲みたい。酒を飲む人は健康を維持するために運動を毎日強制的に続けなければいけない。

と制定されたとしても、酒のために頑張れる自信がある。

ただし、未成年が見るかもしれないテレビ番組でのお酒のCMの規制は大賛成。そもそもそんなテレビ番組のスポンサーになっていないと思うけど。

だからといって、アニメを無理やり改変させるのはやりすぎで度が過ぎていると思う。

もし、酒で病気になる人が増えて医療費がかさんでいるというのであれば、やむを得ないがお酒全てに税金を少しかけて、お酒を飲む人からのみ税金を集めて医療費に充ててはどうか?

ゴミ捨ての代金収集のために、先にゴミ袋を買わせるようなもの。

将来のかかるかもしれない医療費のために、先に払わせるシステム。

だから、どうか飲み放題禁止だけはやめてほしい。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*