城西大前理事長の水田宗子の経歴やwiki風プロフ!学長のパワハラも?

城西大学の前理事長が1億円以上の大学資産の不正使用が内部調査で明らかになった。

大学は一族経営だったようで、学長のワンマンな経営だから横領してもばれないと思っていたのだろう。

しかも、この事件はかなり前から内部的には告発されていたようだ。しかし、内部でもみ消しがあったのだとか。そのことについて調査。

また、前理事長の水田宗子や名誉理事長の水田清子の経歴などについて調べた。

スポンサーリンク

城西大学前理事長の水田宗子が横領?

埼玉県にある城西大学の前理事長水田宗子が大学の費用を不正に使用し、名誉理事長である水田清子に献金していたことが明らかになった。

NHK newsがこう伝えている。

埼玉県にある城西大学の前の理事長が、名誉理事長だった母親に「功労金」として合わせて1億円を支払うなど、5年間でおよそ1億5000万円の不適切な支出を繰り返していたことが大学の内部調査でわかりました。
(引用元:http://www3.nhk.or.jp/news/)

なんでも旅行費用としての出張費で500万円も計上した挙句に、それを母親に実は献金していたということが明らかになったようだ。

このほかにもあった献金を合わせると、合計1億5千万円以上になるんだとか。

大学の経営が苦しいと言われているときに、こんなことをしでかしている最低な理事長がいるんですね。

大学の理事長が一番偉いというシステムは廃止しないといけないのかもしれませんね。

この事件では、前理事長も名誉理事長の娘でしたから、一族での大学経営がなされていたのでしょう。

しかも、問題はこれだけではありません。色々と調べていると、問題の発覚はもっと過去にさかのぼるようなんです。

実際に告発をブログで報告されている人がいましたので、その内容を最後にまとめておきます。

このブログの内容が本当だとしたら、城西大学の理事長は相当ずる賢い人間だったようです。

水田宗子や水田清子の経歴やwiki風プロフ

前理事長と名誉理事長の二人がどんな経歴の人物だったのか調査。

まずは、前理事長だった水田宗子

その次に、名誉理事長の水田清子

厳密にはごたごたがあって

水田宗子の経歴とプロフィール

こちらが2016年11月に辞任した前理事長のプロフィール。

  • 名前:水田宗子
  • 年齢:79歳
  • 仕事:城西大学前理事長
  • 大学:東京女子大学文理学部卒業
  • 学部:英米文学科
  • その他:比較文学学者

googleで水田宗子とけんさくすると、関連ワードがひどい。

「退任」「横領」「不正」

といったワードが並ぶ。

父が城西大学の創立者で衆議院議員をしているということもあって、政界にも顔が利くのかもしれない。

その父親の名前は水田三喜男さん。

この人についても、また調べたいと思う。

大学はかなりの名門校を卒業している。アメリカのイェール大学を卒業している。

頭は良いが、道徳心は身に着けられなかったようだ。

水田清子のプロフィール

水田清子さんは過去に理事長を務めており、2013年に亡くなったあとは名誉理事長とされている。

名誉理事長が横領の仲間だったというのは皮肉である。

  • 名前:水田清子
  • 年齢:
  • 夫:水田三喜男
  • 娘:水田宗子

この方は名誉理事長として、まだ城西大学の公式ホームページに顔写真も名前も残されている。

じきに消されるかもしれない。

事件は5年以上前から続いていた?

事件について告発をしている人がいたので、そのブログの内容を軽くまとめてみた。

これがすべて真実かは不明だが、真実だった場合は、大学経営というのは相当黒いものだというのがうかがえる。

内容については詳しくは触れないが、大まかな概要。

水田宗子前理事長が母の水田清子名誉理事長に大学の資産を横流ししていた。それが大学内の内部調査で発覚し、起訴の準備までされた。

しかし、大学内での学長がらみのパワハラや権力の乱用と上からのパワハラという圧力でことごとく潰されていった。

しかし、文科省が重い腰を上げて前理事長に指導をしたことで、事態が動き前理事長は2016年の11月に突如辞任した。

そこから臨時の理事長交代劇などが進み、大学の闇が一掃され始めて、NHK newsという形で明るみに出た。

まとめると、こんなところ。

この告発ブログは今も見ることが出来るし、Kindleとして大学の闇がまとめられて出版されています。

ブログも告発本も相当ボリューミーな内容になっています。

腐乱大学~城西大学理事長の不正を暴く~

よければ、買ってみてください。

大学の詳細などを私も知りたくなったので、もう一度告発ブログを詳しく見て、詳細を短めにまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*