杏里ドリームとは何?ANRIはホストに貢ぐお金ほしさに恐喝か?

ツイッターのトレンドワードを見ていて、坂口杏里恐喝事件で新たな魅力的なワードが生み出されていました。

その名もアメリカンドリームならぬ「杏里ドリーム」。

一体杏里ドリームとは何なのでしょうか?

またなぜ杏里ドリームをお金が無くなるまで続けていたのでしょうか?

スポンサーリンク

杏里ドリームとは何?

結論から言うと、杏里ドリームとは坂口杏里が無名ホストに貢ぐことで無名ホストが一気に有名に成り上がる現象を指します。

坂口杏里さんはナンバーワンホストなどではなく、あえて無名のホストに対して貢ぐことが多かったようです。

坂口杏里さんが貢いだホストは必ずと言っていいほど、有名に成り上がっていたことからこの「杏里ドリーム」という名前が付けられました。

坂口杏里さんはビデオ出演のお金をすべてホスト通いに使っていたようです。

そのホスト通いのためのお金が無くなったけど、杏里ドリームは続けたい。

そんな気持ちが杏里さんにはあったのかもしれませんね。

アメリカンドリームならぬ杏里ドリーム

一人のホストに対して何百万円も使っていたご様子。

ホスト全員に対して使った金額を今までの分を合算すると8桁を超えるかもしれませんね。

坂口杏里は全能感を感じていたかった?

ANRIさんはなぜホスト通いを続けていたかったのでしょうか?

ホスト狂いについては本人の口からは明かされていなかったと記憶しています。

予想ですが、無名のホストに貢いで有名にすることで、こいつは自分が育てたと優越感に浸っていたのではないかと思います。

ホストはただお金が欲しいだけなのに、ホストに感謝されてちやほやされて自分が尊敬されている、凄いと思われていると勘違いしてしまったのかも。

または、ちやほやしてくれる人がホストしかいなかったという可能性も考えられます。

杏里さんは芸能界から疎遠になっていて、テレビ出演の機会は今後もほぼ無いでしょう。

また、事務所とも喧嘩別れのようになっていたようですから、拾ってくれる事務所さえあるか疑問です。

テレビに出ていれば、視聴者がファンになってツイッターなどでちやほやするということがあり、それで心が満たされるかもしれない。

けれど、今となってはそれもないので心が満たされていなかったんじゃないかと。

だから、典型的パターンのように

  • 無名ホストに投資する
  • ちやほやされて勘違いす
  • 嬉しくなってまた投資

を永遠と繰り返すようになって金欠になってしまったのでしょう。

ANRIはホスト通いのお金が欲しかった?

坂口杏里さんはホスト通いのお金が欲しかったというよりも、杏里ドリームにお金を使いすぎて生活費や次のホスト代に困るようになっていたのだと思います。

一人のホストを有名にするのではなく、複数の無名ホストを成り上がらせることを楽しんでいたようです。

一人当たり1000万円として、3人で3000万円ANRIさんの出演料は3000万円と言われているのでぴったり。

これ以外に収入があるというのは聞いたことがありませんので、お金に余裕はなかったようですね。

また、芸能界をやめる時点で借金があったという噂もありますから、お金はマイナスの状態でホストに貢ぎ続けていたという可能性もあります。

いずれにしろ、杏里ドリームが原因となって金欠に陥ってしまい、ホストに恐喝するということをしてしまったのでしょう。

もう一つ考えられるのが、杏里ドリームは永久機関だったということ。

もしかすると、ホストに何度も恐喝してそのお金で無名ホストを有名ホストにしていてANRIさんは無傷だったということも...ありませんね。

そこまで頭が回れば今回の事件は起こっていなかったでしょうから。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*