父の日のプレゼント1000円以下でおすすめ5選をランキングで紹介!

2017年の父の日は6月18日の日曜日です。

例年5月頃から盛り上がりを見せる父の日のプレゼントコーナー。

デパートやスーパーでも時々コーナーが設けられていて、プレゼントに何を選べば良いのか迷いますよね。

そこで、価格帯を絞って1000円以下で買える父の日のおすすめプレゼント5つをランキング形式で紹介!(消費税除く)

スポンサーリンク

父の日のプレゼントのおすすめ

2017年の6月18日日曜日が父の日になっています。

日曜日なので、家にいるお父さんが多いはず。

そんな家でくつろいでいるお父さんに気持ちのこもったプレゼントをあげれば、喜んでもらえること間違いなし。

1000円以下のプレゼントが10倍以上のプレゼントになって返ってくるかもしれませんので、気が進まなくても打算で渡すのもあり(笑)

ここでは、父の日のプレゼントのために、あまりお金の余裕が無い人用に1000円以下で買えるプレゼントをまとめました。

高校生ならまだしも、中学生や小学生にとって1000円は大金ですからね。

5つのギフトと+1のおまけをランキング形式でご紹介!

第5位:ペンケース

第5位は「ペンケース」です。

ペンケースはビジネスマンであればだれもが使うもの。

子供や奥さんからのプレゼントとしてもらえれば、お父さんが喜ぶこと間違いなしです。

ペンケースと言っても、サイズやブランドがバラバラで、どれを買ってよいか迷いますよね。

プレゼントとしてもらえれば何でもうれしいのですが、デザインなどを考える必要があるのは少しマイナス。

職場の人たちは、大きく実益タイプの人とデザインタイプの2種類がいました。

実益タイプの人は少し前に流行った立てることが出来るコクヨのペンケース(コクヨ ネオクリッツ)を使う人が多かった印象。

デザインタイプの人は、やや細めのペンが2,3本入るような皮のペンケースを使う人が多かった印象。

デザインタイプの皮のペンケースは正直1000円以内では厳しいです。

ですから、1000円以内の筆箱だとコクヨのネオクリッツというシリーズの立てるペンケースなんておすすめ!

第4位:ペン

第4位は「ペン」です。

ボールペンとかシャーペンは使う機会が多い文房具。

会社では社給の文房具があるところも多いと思いますが、別に自前のものを使ってはいけないというわけではありません。

普通ボールペンだと高くても200円くらいが相場で1000円するような商品は買いません。

だからこそ、プレゼントとしてちょっと良い物をあげれば、普段使いもできて喜ばれます。

おそらく、近所の文房具店などで探すよりも、ロフトや東急ハンズなどのお店で探した方が、1000円以内の価格帯の商品は多い。

だいたい900円や800円くらいのボールペンがおすすめ。

第3位:ハンカチ

第3位は「ハンカチ」です。

お父さんがどのような仕事をしているかに限らず、ハンカチはほとんどの人がエチケットとして持っています。

スーツで仕事をする方であれば、かばんかポケットに必ずと言っていいほどハンカチが入っています。

ハンカチはいつも携帯するものなので、ふとトイレの後なんかにハンカチを広げて使おうとしたときに、プレゼントでもらったことを思い出して機嫌が良くなること間違いなし!

意外とタカシマヤや大丸などのデパートでもハンカチは1080円(税込み)で買えます。

探せば安売りのものなどはさらに安くなっている場合もありおすすめ。

他はロフトなどの雑貨屋で探すのもあり。

第2位:グルメ

第2位は「グルメ」です。

定番にして鉄板のプレゼント。

よっぽどお父さんの好みを外さない限りは、かなり喜んでもらえる確率が高い。

しかし、プレゼントする前にリサーチしてほしいことがひとつ。

それはお酒を飲むのか飲まないのか

お酒を日ごろから晩酌などで飲んでいる場合には、甘い物よりも少し凝った普段は食べないお酒のおつまみなんて良いと思います。

お酒を飲まない人の場合は、定番は甘い物ですね。

1000円あればケーキを2,3個買うことが出来ます。

苦肉の策としては、コンビニでケーキを買ってきてお皿に出しておき、さも高かったかのように見せかけるのもあり(笑)

第1位:凝ったお手紙セット

第1位は「凝ったお手紙セット」です。

定番なんですが、お父さんとしてはこれがめちゃくちゃうれしいようです。

一回読んで何が書いてあるか知っていても、時間をおいて何度も読み返してしまうそうです。

食べ物であれば、食べてしまえば終わり。

ハンカチであれば、何度も使って洗ってくたびれてしまえば捨てる。

けれども、手紙はいくらぼろぼろになっても捨てはしません。

東急ハンズなどで凝ったギフトカードやレターセットを買ってきて、手紙を書いてプレゼントしてあげれば、間違いなくお父さんは喜びます。

※手紙の内容で悪口は書かないこと。例え日頃の鬱憤がたまっていたとしても。

1000円も払いたくないという場合は、ネットで調べればレターセットのテンプレートが無料でありますから、それをコンビニなどのコピー機で印刷すれば100円以内に抑えることも可能!

ランク外:ボックスアルバム

ランク外として価格が1000円以上になってしまい、約2000円ほどするのですが良いなーと思ったものをご紹介!

それがボックスアルバム

これは父の日以外でも友達の誕生日や卒業式のプレゼントなんかにも使えます。

ロフトに行けば買うことが出来るのですが、一見したらプレゼントボックスなのに、開けたら中に写真などを貼れるスペースがあって、そこに写真などを貼ってアルバムにするというもの。

喜びもありますし、その意外性で驚くこと間違いなし。

中に何が入っているのかなーと思って開けると中はアルバム!

気持ちのこもったプレゼントが大事!

以上5つ+1つのプレゼントをまとめてきました。

とはいっても、やっぱり一番大事なのは気持ちを込めること。

1万円のプレゼントを買おうが不愛想に渡されたら嬉しさは半減。

その逆もしかりで、いくらプレゼントが安くても、たとえ無料のモノでも日頃の感謝を伝えて渡せばうれしいものです。

ぜひ、プレゼントをあげる際には、あげるプレゼントだけじゃなくてギフトの上げ方(シチュエーション)にもこだわってあげてみてはいかがでしょうか?

むしろ、そういう雰囲気を作ってしまえば道端でもらったポケットティッシュにメッセージを書いただけのものでも喜びますよ。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*