ボールボーイに液体(アルコール)をかけた犯人の名前や処分について

Jリーグで選手がボールボーイの子供を小突いたことでレッドカードを受けて退場した事件が炎上している。

ボールボーイはその後サポーターからアルコールをかけられるなどの被害を受けた。

それらを受けて、馬渡選手とアルコールをかけたサポーターへの処分が発表された。

サポーターの名前や処分などをまとめた。

あと、個人的にはジェフユナイテッド千葉側が被害者面しているのが気になる。

スポンサーリンク

馬渡へ対する処分と復帰の試合は?

レッドカードの一部始終は、馬渡選手とキーパーがせりあって、キーパーがボールを出しコーナーキックとなった。

その時に、ボールボーイをしていた少年が馬渡選手にボールをすぐには渡さずに遅延行為をした。

キーパーが戻るのを確認してからボールを渡しているように見える。

下記にyoutubeの動画を貼っておくので、見てみてください。

この少年を小突いた馬渡選手に対しては、

2試合出場停止処分

が下されています。

この処分に対しては、処分が軽すぎる!という批判が多くありました。

確かに、たとえ少年が故意にボールを渡さなかったとしても、それで少年を小突くというのはスポーツマンとして我慢する必要があると思います。

2試合出場停止処分ですから、復帰できる試合は5月13日の試合からです。

5月7日の試合までは出場停止処分となります。

ボールボーイへアルコールをかけたサポーターの名前と処分は?

ボールボーイへ液体がかけられたということですが、ボールボーイによるとアルコール臭い液体だったようです。

フクダ電子アリーナで販売されている飲み物から考えて、生ビールチューハイがボールボーイへかけられたようです。

液体をかけたサポーターはすでに特定されていて、無期限の入場禁止処分とされています。

今後はスタジアムにさえ入れなくなるんですね。

ファンとしては、めちゃくちゃ重い処分だと私は思います。

名前などは公式には公開されておらず、ネット上を探してもそれらしき情報は出回っていません。

この処分に対して、ネット上では軽すぎる!という意見が多いですね。

被害届を出して法的にさばけ!という意見も多くみかけました。

たしかに、たとえボールボーイが遅延行為を行ったとしても、それでサポーターがアルコールをかけて良いわけがありません。

怒る気持ちもわかりますが、大人としてやってはいけないラインを超えています。

ボールボーイは色々ジェフ千葉からサイン入りユニホームなどをもらっているみたいですから、ある意味ラッキーかもしれません。

ジェフユナイテッド千葉への処分は何?

私が一番気になったのが、徳島の馬渡選手とサポーターへの処分は下されましたが、ジェフユナイテッド側のボールボーイの遅延行為への処分はないのでしょうか?

ボールボーイってホーム側が準備する物じゃないの?

上にある動画を見ていただければ分かると思うんですが、少年はキーパーの様子を見て、ある程度戻るまでボールをわざと渡していないように見えます。

ボールボーイがホームだろうとアウェイだろうとどちらかのチームに有利になるような行動を取ってもいいの?

ジェフ千葉は少年に感謝の意味を込めてなのか理由は分かりませんが、サイン入りユニホームをプレゼントしています。

注意ではなくプレゼントをあげるところを見ると、ホームチームとしてはボールボーイが遅延行為を行って有利に試合運びが行えることは大歓迎で特に問題とも思わないみたいですね。

普通に考えたら、遅延行為を行ったことに対して責任を持って注意を行うべきだと思うんですが...

サッカーって怖い...

もちろん、だからといって子供相手に小突くというのはやりすぎですし、アルコールをかけるという行為は大人としてどうかしてる。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*