中野翔哉(興国)の成績や打率は?交野シニア出身でドラフト候補?

大阪の興国高校の中野翔哉選手が春季地区大会の結果で注目を受けている。

夏の甲子園まであと3か月と迫っているので、そろそろ甲子園の選手たちが注目を受けるころ。

日刊スポーツで取り上げられていた中野翔哉選手が気になったので、成績や打率、出身シニアなど調査!

ドラフト候補として今年名前が上がるかどうか。

スポンサーリンク

中野翔哉が春季大会で活躍!

中野翔哉選手は大阪府の興国高校の3年生。


(引用元:http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1818221.html)

2017年の夏の甲子園が最後の機会となる。

ポジションは内野手とされていた。

具体的にどこなのかは現在チェック中。

画像を見ている限りでは、使用しているバットは定番の「VKONG

VKONGにもいろいろ種類がありますが、どのタイプかは画像が荒くて判断できない。

4試合連続ホームランを放っていたことで注目されていた。

5試合目の対上宮太子高校ではホームランは出ず、記録は4試合5本でストップした。

中野翔哉の出身シニアは交野シニア?

中野翔哉選手はどこの出身なのか調べてみた。

これだけの記録を残しているのだから、どこか他府県から集められた人材だと思ったら、地元大阪の人でした。

大阪交野シニアでプレイしていたようです。

大阪交野シニアの卒団選手の中に中野翔哉選手の名前と画像が張られていました。

シニアでプレイしていたことを考えると、小学校から硬式野球に慣れ親しんでいた選手なんですね。

やっぱり、小中学校から硬式でプレイしている選手と高校から硬式になる人では、最初は結構違いがあるんですよね。

大阪交野シニアの監督は、元南海ホークスの選手が勤められているそうです。

中学時代から才能が開花していたのか確認したかったのですが、中学時代の記録は記載されていませんでした。

中野翔哉高校時代の成績や打率は?

中野翔哉選手の高校時代の成績や打率を調べていたのですが、現在のところは詳しく分かりませんでした。

夏の甲子園が始まればトーナメント表と一緒に選手情報も書いてある冊子が出回ると思うので確認したいと思います。

中野選手は高校時代通算11本塁打とされているが、これが公式試合での記録だけなのか練習試合を含むのかは曖昧。

おそらくほかの記事を見る限りでは、11本という記録は公式戦での記録だと思う。

とはいっても、ソフトバンクの今宮選手の62本や比べられている中田翔選手の87本とは遠く及びませんが、それでも良い記録。

ソフトバンクの柳田選手が高校時代は11本だったようです。

打率なども公開はされていませんでした。

夏の甲子園の地区予選が始まれば明らかになると思います。

中野翔哉はドラフト候補になるのか?

中野翔哉選手は2017年のドラフト候補に名前が挙がってくる選手になるのでしょうか?

個人の力量を見ると、ずば抜けているという印象を持ちませんが、それでもかなりドラフトで有望な選手ですね。

ドラフトは夏の甲子園での成績次第で変わってくると思います。

地区大会の早い段階で負けてしまうと、全国的にも目立てずドラフトで名前が挙がってきにくいかなと思います。

逆に前後で有名になれば、それだけ可能性は高まる。

今年の夏の甲子園に期待!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*