安藤統男元監督の現役時代の成績は?記事を書いた産経の記者の田所竜一氏とは?

安藤統男元阪神監督のことを阪神の選手が知らなかったという記事が産経新聞で出されていた。

OBに対して挨拶もしない人がいて、阪神の選手はもっと球団の歴史やOBのことを勉強するべきだ!という内容。

それに対して、ツイッターでは「安藤統男だれ?」、「それほどの選手じゃなかった」という意見があり、安藤元監督の現役時代の成績など調べてみた。

産経新聞で記事を作成した田所竜一氏とはどのような人なのか?

スポンサーリンク

安藤統男(もとお)元阪神監督の現役時代のポジションや成績は?

まず、安藤統男元監督については私は知らなかった。

私は、もともと甲子園は好きでもプロ野球はあまり興味が無かったので、知らないのは私くらいで、野球人には常識なのかと思った。

しかし、実際は最近の若者は知らない人が多いようだ。

安藤元監督のプロフィールと成績がこちら。

  • 名前:安藤統男(もとお)
  • 年齢:78歳(2017年)
  • 球団:阪神タイガース
  • ポジション:内野手(サード・ショート・セカンド)
  • 監督・コーチ経験:約12年
  • 選手歴:約12年(1962年~1973年)
  • 打率:.294(1970年)

詳しい成績について、NPBのホームページに記載があるかと思って調べたが、さすがに30年以上前のデータは無かった。

1970年のデータだけは公開されていた。

打率が.294でホームランが10本という結果。

歴史に残るほどの名選手かというと微妙な記録ですね。

現役阪神選手へのダメ出し記事

ツイッターで荒れたのは、産経新聞の記事内容に対して。

産経の記事を書いた田所氏が選手に対して、安藤元監督が来ていると伝えたら、安藤元監督のことを知らなかったという内容。

だから、阪神や他球団も球団の歴史やOBのことをしっかりと新人選手に伝えるべきだと主張している。

これについて、安藤元監督なんて知らない。

誰それ?という人が多くいた。

安藤元監督はレジェンドというわけではないというコメントもあった。

確かに、今の20代だと阪神と言えば金本監督はわかるけど...って人も多いでしょうね。

ダメ出し記事を書いた田所竜一氏はどんな人?

産経の記事を書いた田所竜一氏がどのような人なのか調べてみた。

サンケイスポーツに1979年ごろに入社して記者生活をスタートさせていた。

2009年には産経新聞大阪本社の運動部長に就任。

大学卒業が22歳位だとすると、2017年は60歳前後のご年齢。

ドラゴンズファンの人がめちゃくちゃ怒り記事を書いていましたが、それ以外は特に和k理ませんでした。

→とあるドラゴンズファンの怒り

「田所竜一」で検索すると、色々記事が出てきます。

おわりに

安藤元監督は調べればわかりましたが、最初は分かりませんでした。

調べてみてもレジェンドとしての成績は残していないのかな?と思いました。

記録には残っていない成績があるかもしれませんので詳しくは分かりません。

安藤元監督は現役選手に知られていなくても、そういうものだととらえているようだが、田所竜一氏はそれが許せないようですね。

田所氏のような気持ちをまた5年後10年後に別の記者が感じるということが一生続く感じはします。

しかし、野球選手って野球することが仕事なんで、プレーさえよければOBの名前を知ってるとか球団の歴史を知ってるとか関係ないと思いますし、必要性はあまりないと思います。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*