ハンガーストライキが東京入管で実施の原因(理由)は?入管施設って何?

東京にある入国管理局に収容された人たちがハンガーストライキを行っているそうです。

東京入国管理局で収容者がハンストを行っている原因や理由は何かまとめた。

過去には亡くなっている人までいるという実態があったし、それ以外にもひどい対応を明らかにしている人のブログまで見つかった。

ストライキは良く聞きますけど、ハンガーストライキとは具体的にどのようにして行うものなのか?

また、そもそも東京入国管理局でハンガーストライキをしなければいけない人たちは、なぜ収容されているのか調べてみた。

スポンサーリンク

東京入国管理局でハンガーストライキ発生!

東京の入国管理局でハンガーストライキが発生していると伝えられています。

ハンガーストライキとは、その名の通り、ストライキの方法の一つ。

ハンガーとは英語のhungarを表し、「空腹な」という意味がある。

ハンガーストライキとは、要求していることが通るまで、何も食べないで餓死するという覚悟を示して、相手にプレッシャーを与えるストライキ。

5月9日火曜日の夕方からハンストが行われているというので、5月9日の夜から5月11日までストを行っている人たちは何も食べていない。

水分は摂取しているようだ。

一体なぜ収容者がハンストを起こすことになっているのだろうか?

ハンガーストライキの原因・理由は?

ハンストの原因は、要求が通らなかったから

収容者は東京入国管理局での処遇改善を求める要望書を提出しようとしたようだが、それを職員が受け取り拒否したらしい。

これだけ長く続いていることを考えると、東京入国管理局の局長も拒否の姿勢のようですね。

要求書の要望はロイターによると、

長期収容や職員による威嚇行為に抗議するとともに、医療や食べ物、自由時間などにおける処遇改善を求めている。
(引用元:http://jp.reuters.com/article/)

このようなことを求めているという。

これを見ると、昔の警察のような取り調べが起きているように思えるが、調べてみると、かなりひどい実態のようだ。

入管施設で過去には亡くなった人も

2016年に東京の入国管理局に収容されていたスリランカ人の男性が、収容中に亡くなっている。

経緯がひどい。

彼が胸の痛みを訴えた時に、入管施設側は病院への搬送を怠ったのだという。

そして、彼は帰らぬ人となった。

収容所の警備官が病院へ行く必要は無いと判断して、つれていかなかった結果の事件。

東洋経済によると、

警備官は、声をかけても応答がなかったので、彼が眠っていると判断したという。それから数時間、ニクラスはうつ伏せに横たわったままだった。
(引用元:http://toyokeizai.net/articles/-/108650?page=3)

このようなことが起きていたそうだ。

入国管理局のホームページを見ると、

医師及び看護師が常駐し,被収容者の診療に当たっており,必要に応じて外部の病院に通院,入院させる等被収容者の健康管理に万全の対策が講じられています。
(引用元:http://www.immi-moj.go.jp/tetuduki/taikyo/shisetsu.html)

万全の対策が講じられていると説明されていますが、警備官が病院に連れて行かず、寝ていると思って放っとくということが万全な体制なのでしょうか?

東京入国管理局に収容されるのはどんな人・場合?

一体何をすれば、東京入国管理局に収容されるのか気になった。

主に、日本に滞在する正当な権利が無く、日本に滞在していることがばれた人の収容所。

しかし、実態は観光ビザを持っていても収容される場合があった。

亡くなったスリランカ人男性の場合は、観光ビザは所持していて正当な権利があったにもかかわらずの措置。

また、難民申請中の人でも一時的にはこの施設に収容されるそうだ。

全国の入国管理局の収容施設に収容されている人の数は1000人を超える。

2014年11月~11月の間には4人が亡くなっているそうです。

収容者の死亡率は0.4%にのぼる。

ちなみに大阪府内での交通事故件数の内の死者数の割合が0.39%

大阪で交通事故に巻き込まれた人が亡くなる確率よりも東京入国管理局に収容された場合の方が死亡率は高い。

終わりに

東京の入国管理局はかなりひどい対応を過去に行っていた。

今回のハンストを行うことで、こういった問題が広く知れ渡れば、入管施設の人たちの最低限の安全が保障されるかもしれない。

しかし、今まで事件があったにもかかわらず、改善されていないので、今回のハンストで変わるのかは不明。

東京入国管理局の転職情報を見ると、スコアが悪く働く人たちの待遇が悪いことで、そのしわ寄せが収容者に来ているのかもしれない。

私は3日間水しか取らない断食をしたことがありますが、3日目にはお腹が空いて空いてどうしようもなくなり、耐えられませんでした。

今回の収容者も5月12日で3日目に入りますから、そろそろ本当に苦しくなってくるころだと思います。

早く要望が通ることを祈ります。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*