イオンもランサムウェア(WannaCryptor)に感染!どこの店舗?

ランサムウェアのWanna Cryが日本中でいろいろと感染する事例が増えている。

5月12日にイギリスの病院で大きな感染報告がされて、それ以降世界中で報告が相次いでいる。

お隣の韓国でも被害が報告されている。

そんなランサムウェアのWanna Cryがスーパーのイオンでも感染が報告されていた。

また、ランサムウェアの感染経路やどうやって感染するのかも調べてみた。

スポンサーリンク

ランサムウェアのWanna Cryが日本で猛威

ランサムウェアのWanna Cryが日本で感染が多数報告されています。

5月12日にイギリスでの感染報告が相次いでいましたが、日本でも5月15日月曜日からランサムウェアの報告が出るのではと言われていて、その通りになった。

今まで感染が報告されているのは、いくつか大きな役所や企業などで被害が出ている。

  • 大阪市役所
  • 日立製作所

追記:大阪市役所はSEがファイアウォールを固くしすぎたことが原因だったようです。

この2つがメールが使えなくなるトラブルや、ホームページにアクセスが出来なくなるトラブルになっている。

そして、これ以外にも障害が。

  • イオン

イオンのスーパーのPCでもWanna Cryに感染するPCが出てきたようだ。

イオンの店内PCもランサムウェアのWanna Cryに感染

イオンのスーパーでもランサムウェアのWanna Cryに感染したものが出てきているようです。

感染したPCが店舗内のディスプレイに映し出してしまっていた。

確かに、世界中で報告されているランサムウェアの現金を要求する画面。

ディスプレイの上にTOPVALUとあるので、イオン系列のスーパが感染しているようです。

実際にイオンのどこの店舗のPCが感染したのかは明らかになっていませんが、ツイートをした人は福岡の人の様で、おそらく九州内の店舗だと思います。

ランサムウェアの感染経路は?どうやったら感染する?

感染経路が気になる。

イオンのPCや日立製作所や大阪市役所のケースでの感染経路はおそらく一緒。

  • 添付ファイルが開いたとき
  • リンクをクリックしたとき

不審なメールの添付ファイルを開けた時に感染が報告されている。

しかも、厄介なのが日本語でのメールも報告されているということです。

もう一つが、メールのリンクをクリックしたとき。

対策としては、怪しいメールの添付ファイルやリンクをクリックしないこと。

終わりに

今回のランサムウェアは予想通りに世界中で被害が起きたように、日本でも被害が起きています。

5月12日からメールが送られていたものを、15日に開けてしまい感染が広がっているものでしょう。

5月15日が始まって半日で多くのランサムウェアの被害が報告されているので、続々とほかの報告もされてくるでしょう。

ランサムウェアに感染してしまうと、ファイルが暗号化されてどうしようもなくなってしまうようで、データが本当に必要な場合はお金は支払うしかありません。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*